人にやさしく。

 

昨日突然募集させていただいた
LPも何もない信用だけで成り立っている黒船セミナー
信用して申し込んでいただいた方ありがとうございます!

 

フォームだけですからね・・・

まぁ、信用ということで。。。

 

ですが、登録いただきましたらちゃんと案内は致しますのでご安心を!

 

26日と来週の土曜日ですが、定員になり次第募集終了となりますので、予定が空いている方はとりあえず登録を!

 

今日は、人にやさしくというテーマでお話をさせていただこうと思います。

 

僕の中で人にやさしくと言えば、真っ先にこれが思い浮かべられます。
※音が出ます。ご注意ください。

 

もう何度聞いたかわかりませんが、名作中の名作ですよね。
いつも背中を押してもらっています。

 

さて、話を戻すのですがここ最近、小説とチラシ配りで
心が弱っています(笑)

 

「余命10年」という作者が実際に余命宣告を受けて
この本の出版を待たずして亡くなってしまったという
とても悲しい話の小説と

実写化で話題の
「君の膵臓が食べたい」
を一気読みしていました。

 

話の内容は両方とも同じようなストーリーなのですが
主人公の死へのとらえ方と、人とのかかわり方が違うので
両方とも一気に読めました。

 

が、ご存知の通り最終的には亡くなるというエンディングですから
色々と読後感はありました。

 

でも、人と向き合うということを考えたときに
どうしても自分だけでは完結しないことってたくさんあると思うのです。

 

ビジネスに置き換えてみても、最初は自分が稼いで幸せになる
ということで十分すぎる理由だと思います。

でも、その先というのを考えなければいけないと常日頃から思っていて

 

おいおい、何を茂呂は上から目線で話してるんだ?

と思われるかもしれませんが、そうしないと今日の話が成立しないのでお許しを。

 

つまり、

 

自分が稼いだら、次どうするのさ?

 

という話。

 

僕は勤めている頃に、社長さんやエリートサラリーマンへのあこがれがありました。

 

それは、どちらかというとお金への憧れだったのかもしれません。

 

漠然と、お金さえあれば世界が変わるんじゃないかと思っていたんです。

 

普通に勤めていたので、会社へ出社すれば生活に困ることはありませんでした。

 

でもそれって、給料としてはもらえるけど自分の意志でどうすることもできないお金だったわけです。

増やすことも減らすこともできない。

 

つまり、その中でしか生きられないということです。

 

だから、社長さんとかエリートサラリーマンの人たちは、もっとお金を持っていて、そうするともっと自由で豊かな暮らしをしているんだろうと思っていました。

 

でもどうでしょうか。

 

僕が溢れるほどの収入がある買っていったら全然ないんですけど
それでも、人よりは少しだけもらえていて、自分で考えることが出来るようになったということと仮定してお話ししますと

 

なにかそのころから変わったか?

と言われたら、さほど何も変わっていません。

 

高級料亭で食事をしまくっているか?

と言われれば、餃子の王将で餃子を食っている時が幸せですし
それは高級料亭に行ったからこその感想で、いたって庶民の舌なんですよね。

 

車も数台ありますけど、全部会社名義ですしボロボロですし。

 

自宅も持ち家ですがローンレンジャーレッドなので、僕が負けるわけにはいかない状況ですし。

 

なので、何か変わったかと言われたら何も変わっていませんし
変わることを望んでもいません。

十分に今の生活で満足しているんです。

 

でもですね、やっぱりお金は重要だと思います。

 

お金がすべてではないですけど、お金がないと出来ないことはたくさんあります。

ですし、お金は力になります。

 

力なき正義は無力だし

正義なき力は・・・

 

ということなんだと思うのです。

 

やはり、毎日満員電車で通勤をしていたころ、僕には力がなかったし
余裕もなかった。

毎日がなんとなくストレスで過ぎ去っていくって感じで
毎日休みまでのカウントダウンをしていて

せっかく好きな仕事をしているはずなのに力がないから出来ないことが多すぎた。

 

チャレンジすら出来ないということもありました。

 

それが、やはり力を少しでも手に入れると
仲間も手に入れることが出来るし、装備を整えることもできるし
冒険に出かけることだってできるようになる。

 

もっというと、関係ない城の困りごとを助けてあげることまで出来ちゃう。

 

こっちはオーブがほしいってのに、女王のムチを作るために素材まで集めに行っちゃう。

たまに疲れてパフパ○してもらいつつ、さらなる力を手に入れていくことが出来るんです。

 

力がないと、初めの町から外に出たら即死なわけです。
※いつのまにかドラクエと照らし合わせていることをお許しください。

でも、冗談でもなんでもなくて

力がなく、余裕がなかったら

 

人にやさしくなんて出来ないんです。

 

と、僕は思っています。

 

というのはですね、最近こちらのチラシ配り
朝の駅で配らせてもらっているんですが、結構心が折れます。

WEBだけで展開とも考えていたのですが、やはり地元への周知もかねて
駅でチラシ配りをしているのですが

 

まぁ、こんなおじさんがあいさつしながら近寄ってきたら
不審に思う気持ちもわかります。

もらってくれないことに愚痴っているわけではありません。

 

なんていうんですかね、怖いんですよ。みなさん顔が。

 

僕はどちらかというと度胸があるほうだと思っています。

何事もやらにゃわからん!ってことで
バンジージャンプとスカイダイビング以外は今後もチャレンジしていく気持ちを持っていますが、でも圧倒されるくらいみなさん怖い顔で歩いているんです。

 

これから満員電車にのるわけですから、その気持ちもわかります。

でも、、、

でも、、、、

 

僕もそうだったのかなと思うと、やはり苦労は絶えませんが今の生活になれてよかったと思うのです。

 

小説で死を意識して、チラシ配りで生活を意識して

なんか、僕もゆとりがない人生になってしまったら

逆戻りしてしまったらって考えると、稼ぐ力はさらに上げなければいけないなと、強く思ったりもしたのでした。

※決してサラリーマンの方々を否定しているわけではありません。
あくまで顔が怖いという話をここまで引っ張っただけでございます。

 

ということで、やはり1つの選択だけだとゆとりが無くなります。

 

僕の周りで、笑顔が多くゆとりがある方って
サラリーマンの方でも副業で成功されている方が多い。

 

起業してからも、大成功はしていなくても
成功に向けて努力している人が多いです。

僕もまだまだこれからなので、必死に努力をしているところです。

 

そうすると、いつの間にか力を手に入れて仲間を連れて
人にやさしくなると信じて進んでいるだけなのです。

 

なので、是非サラリーマン以外の収入の武器を手に入れに
黒船セミナーにお越しくださいね!

8月26日です!

 

PS.
これからは、町でチラシ配りをしている人に無碍な対応するのはやめようと思います。

 

PPS.
僕はこの想いと多くの方と共有したいと強く思っています。

ただ稼げるノウハウを追いかけるのではなくて
根本的な改善から始まるものだと思っています。

 

教材という形でお届けするべく、ずっと準備を進めてきました。

その用意がもうすぐ完了いたしますので、ご案内が出来そうです。

楽しみにお待ちくださいね!

 

Readyfor クラウドファンディングチャレンジ中です!
是非応援の程よろしくお願いします!

 



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ