経験に勝るものなし

 

昨日からブログ上でも販売開始させていただいております
Business Brain Workoutですが

かなり抽象的でわかりづらい教材だと思っておりますが
嬉しいことに、ご購入いただける方の他にも
紹介させてほしいという連絡も頂いております。

これは製作者冥利に尽きます。

 

大手広告代理店も研究している口コミ効果。
これって、やはり超重要じゃないですか。

うまいラーメン屋は黙っていても客が来るってことなわけです。

つまり、紹介したいと言ってもらえるということは
中身にも自信が持てるというものです。

 

是非、手に取ってみていただけましたらと思います。

→ 「Business Brain Workout」ご購入はこちらから

 

今回、先行販売で特典としてつけさせていただいております
購入者様を招待してコンテンツを再収録するというもの
特典05の「リアルタイムで伝授いたします。」

こちらなのですが、実は販売前日に急遽追加させていただいた特典なんです。

 

やはり、「会う」ということの重要性をお話したいということもありますが
僕からお渡しするコンテンツは、言うなれば僕の今までの経験から来ているものになります。

言い換えると、僕だけの経験になるわけです。

 

すると、一方通行のメッセージになってしまうわけです。

 

もちろん、それでも十分に自信の持てるコンテンツなのですが
相互コミュニケーションを取りたいと思ったことからなんです。

 

というのは、僕は常に色々な人から情報を取りに行っているつもりでいます。

隠れノウハウコレクターなんです実は。
隠れてないかもれないけど。

 

ただし、僕がいうノウハウコレクターというのは教材を買い漁っているということではありません。

確かに買い漁ってはいるのですが、これは知的財産を資産運用しているだけなので買い漁るという表現が正しくなくて、資産を構築しているだけです。

 

つまり、ノウハウ = 知識 なわけです。

 

するとそれって、人からの知識であることがわかると思います。

 

教材 = 誰かが培ってきた方法、知識、マインドを
コンテンツ化したもの。

ということは理解いただけると思います。

 

とすると、会うということ自体がノウハウを得ているということも理解いただけると思います。

それがコンテンツ化して販売されていないだけです。
僕は会食しているときもスマホにメモをよく取ります。

これでコンテンツ化出来ているわけです。

 

ということは、これもノウハウコレクターの一部だということです。

 

だから僕は、人に会いに行く。

 

出来る限り会いに行きます。

 

妻に怒られながら会いに行きます。

という書き方をすると昼顔みたいですが・・・
そういう意味ではないですw

 

今日も、どうしてもお話をさせていただきたいと思っていた
ある上場企業の代表に30分だけ時間をいただけて話をさせていただくことが出来ました。

もちろん、その30分のために出かけていったわけです。

 

対談音声を撮らせていただいた三浦さんにも
とにかく会いに行きます。

会えるイベント企画があれば、脊髄で反応して申し込みます。
申し込めない場合は、なんとか申し込める方法を探します。

 

だってですよ。

 

それが、自分の血となり肉となるということを理解しているからです。

 

だから僕は会いに行きます。

 

という書き方をすると、少しだけ誤解を与えてしまうかもしれませんが、それってただ押しかけてるクレクレ君じゃん!と思うかもしれません。

 

まぁ、間違いではないのですが、僕がお伝えしたいのはそこに飛び込むには勇気ではなくて脊髄で感じてほしいということです。

 

ネットビジネス業界というのは、比較的コンテンツホルダーにも会いやすいと思います。

人によっては、セミナーなど一切開催せずになかなか会えない人もいるかもしれませんが、それでも著名人と言われる人に結構会えます。

自分が行動したらですが。

 

一般業界といったら良いのかはわかりませんが
例えば本日お会いさせていただいた上場企業の代表ですが、早々会えるわけではありません。

というか、恐らく会えないです。

上場企業の代表なんて、分刻みでスケジュール動いているでしょうから
僕らみたいな人が会いたいと言ってもなかなか会えないんですよ。

それこそ、勇気がいりますしね。お会いするだけで。

 

ホリエモンとか西野さんとか

なかなか会えないですよね。

 

でも、この業界は会いにいけるんです。

であるならば、行くでしょう!

 

セミナーの懇親会などでお会い出来るのなら行くでしょう!

少し話は脱線しますが、懇親会でただ単にバカ騒ぎをしているだけってことになってはいけませんよ。
楽しむなという意味ではなくて、懇親会でこそ目的の人の横に座り
ノウハウを聞き出せるチャンスですからね。

これもビジネスです。

仕事は夜動くです。(セミナーは昼ですが。)

 

ということで、特に僕が著名だとか会いにくいとか言うわけではないのですが、でもそれでも会う企画をどうしても入れたかったので急遽特典として追加させてもらったということです。

 

なので、是非05の購入者無料セミナーには是非参加してください。

 

日程は9月下旬の土曜日になると思います。
23日で調整中でございます。

 

是非、教材からのノウハウだけではなく、直接取りに来ていただけたらと思います。

→ 「Business Brain Workout」ご購入はこちらから

 

そして何より、その人のノウハウというのは
その人の経験そのものということです。

 

僕は三浦さんから指導者としてのスキルを学ばせていただいたと思っています。

慶応ラグビー部でリーダーであり、博報堂でも大きなプロジェクトのリーダーを多数経験されているからこその、リーダー論。

 

僕も会社を経営してきていますが、どうしたらリーダーとして人を指導できるのかということは、常に頭を悩ませていたからということもありますし、必ず考えなければいけないことだからです。

BECにも1期から参加させていただき、そこから多くのことを学ばせていただきました。

 

1期のときにも率先して企画には入らせてもらいましたし、2期のときにはマサキを育てるということで茂呂組会を企画させていただきました。

これは、社会人経験が少ないマサキに接待を覚えさせるというもの。

結構過酷でお店選びから始まり解散までの段取りをいかに考えるかというもの。

 

なかなかこんなことを教えていただけることってないですよ。

 

会社の飲み会はつまらないし意義がないと言いつつ
懇親会はただの楽しい飲み会になってしまっていたら気が付きすらしない。

 

こういう人間力を学べるためにはやはり「会う」ということが重要になってくるのです。

三浦さんの経験を、僕がこれから経験するよりも吸収させていただいたほうが圧倒的に時間短縮になるわけなので、僕は積極的に動くわけです。

 

今日の上場企業訪問も同じで、僕の会社がこれから規模を拡大していく目標は
やはり上場企業です。

上場するという話ではなくて、拡大して目指すところはそういった

大きく成長できた会社じゃないですか。

 

とすると、その会社がどのように大きくなっていったのか。
それを経験している代表から話を聞けるというのは、プライスレスなわけです。

会社の雰囲気も最高でしたしね。

 

社長室の隣の応接室でお話させていただいたのですが
そこまでに秘書の方々から気持ちのよい挨拶の嵐です。

お客様に対しての向き合い方を学ばせていただきました。

 

これも、やはりその企業、代表が経験してきてたどり着いたものを教えていただいていると思っています。

なので、僕の会社が大きくなるにつれてどのように従業員を教育するのかというノウハウになるというわけです。

 

だから、僕はその時間を、会う時間を惜しむことはないわけです。

 

だからこそ、僕は会いに行くし会いに来てほしいわけです。

 

コンテンツだけではなくて、リアルでお会いして話ができるこの機会に
是非飛び込んでいただけたらと思います。

→ 「Business Brain Workout」ご購入はこちらから

 

P.S.

というのと、僕が人に会うことが好きだということがあります。

 

なので、単純に購入者さまとお会いしたいという目的も大きくあります。

 

また、そういう場で起こるミラクルってあると思っていて
偶然セミナーで隣りに座った方とビジネスが始まったりなんかもするものです。

セミナーの内容もそういった出会いになるようなことを含めようと思っています。

なぜなら、他でもない僕のビジネス展開ってセミナーで偶然隣りに座ったとかということが往々にしてあるからです。

 

黒船の立ち上げのきっかけを作ってくれた西村さんとの出会いも、あるNBGCの月1回のセミナーで偶然前と後ろの席に座ったということから始まっていますからね。

あの時にセミナーに参加していなかったら、今頃黒船はないかもしれません。
NBGCへ行き始めた時、僕はネットビジネスでは全く稼いでいませんでした。

なので、セミナーに行きづらかったですよ。
その時、黒船を一緒に運営している立石さんもいたんですけど
彼は当時から船で荷物を贈ってとか、1週間で1000万の売上を立てたとか言っていたので、おかしい人だったんですけどね。

そういう人がいる横で全く稼いでいない僕は、肩身が狭いです。
ですが、セミナーに行かないという選択肢はなかったです。

 

それは、そういった人たち(主催は小玉さんですから本来は小玉さんの話を聞きに行くのですが)の経験を吸収しに行くということもあったわけです。

 

なので、今回のセミナーでもそういう出会いがあっていつか報告してもらえたら、僕は喜びまくるわけじゃないですか。

なので、僕がお会いしたいということと横のつながりのきっかけになれたらなということが、急遽特典として追加させてもらったセミナーのもう一つの意義だったりします。

 

是非是非、「もや友」を作りにいらしてくださいね!

→ 「Business Brain Workout」ご購入はこちらから




茂呂史生メールマガジン