雇用と業務委託

 

ネットビジネス業界で外注というと
業務委託を指すことが多いと思います。

 

業務委託の場合は、雇用契約を結ばないので
雇用ではありません。

当然ですが。

 

これ、何が違うのかというと
実は似て非なるものです。

 

今後、外注などを検討される方は
よくよく聞いていただければと思います。

 

どちらにもメリットデメリットがありますが
業務委託はBtoBのようなもので
個人事業主に仕事を依頼するという感じです。

在宅ワーカーへの依頼となると、BtoBっぽくはないですが
形としてはそうなります。

でも、個人事業主同士の契約でなりたつものです。

 

なので、委託先の保証なんかは関係なかったりします。

 

雇用はそのまま。
労働基準監督署の基準が基準になります。

 

言い換えると、業務委託はその基準が適さないということになります。

 

なので、この業界の業務委託の仕方はあまり好きじゃないです。
という話を何度かしたことがあると思います。

 

労基の基準が適さないということをいいことに
出来る限り外注費を抑えろ!というのが風潮であります。

 

出来るだけ安く、出来るだけ動いてもらい、使えなくなったらぽいっ

みたいな。

 

結構そういう自慢が聞こえてきたりするので、たまーに嫌になります。

 

もちろん、経営ですから雇用すればよいってもんでもありません。

雇用すると労働基準監督署がかかわり出しますし
雇用保険だったり労災にも加入しなければいけないということになります。

 

なので、一概に外注さんを採用したいんだけどどうしたらいいですか?
という質問に返答するときは即答できません。

 

その時の規模感だったり、外注する内容だったりでまったく変わってきてしまうからです。

 

でも、法律のことなのでしっかりと覚えておかなければいけないことでもあったりします。

 

業務委託の場合は、外に仕事を出しているだけなので
あまり法律がかかわってくることはありません。

当人同士の契約関係がすべてって感じです。

 

雇用の場合は、雇用保険や労災という話をしましたが
それってハローワークの制度って知ってました?

雇用保険を利用したことがある方だとご存知かもしれませんが
ハローワークに申請に行きますよね。

でもって、就業訓練を受けたり、なんなりしながら
雇用保険を受け取るわけですが、

 

つまり、ハローワークの制度を利用できるということです。

実はハローワークって助成金がたくさんあります。

いきなり正社員を雇うことは出来ないかもしれませんが
パート採用だとしても利用できる助成金がたくさんあります。

 

もちろん、雇用保険、労災保険を支払っている必要はありますが。

 

例えば、今僕のところで申請しているキャリアアップ助成金というのがあるのですが、それは従業員のスキルアップのために利用できる助成金なのですが、1人当たり40万円くらい支給されたりします。

すると、それなりの資格なりを取ってもらうことが出来たりします。

 

それと、某ユ○クロがこれで月間数千万円の「利益」を出しているという助成金が

「働き方改革」

という名のもと設立された

「正規雇用助成金」

なるものがあります。

有期雇用から正規雇用になるともらえるものなんですが
一人当たり60万円くらいもらえちゃったりします。

 

某ユニク○は採用時に必ず6か月間の有期雇用契約を結ぶんだそうです。
給与は同じで職務も同じ。

つまり、半年後に正規雇用を前提として採用して
この助成金をもらっているということですね。

毎月の採用人数が多い企業だと、これだけで毎月数千万円の助成金が入ってくるというわけです。

 

まぁ、さすがにそれは大げさですが、でもどうせ雇用するなら
出来るだけ助成金は利用したほうが良いですよね。

 

それ以外にも、母子だったり高齢者だったりもあります。
興味がある方は一度ハローワークで助成金のことを調べてみるのもよいかと思います。

 

僕のところでは基本的には、雇用を前提で仕事を依頼することが多いです。

業務委託でパートナーという聞こえの良い言い方をする人もいますが
相手が本当に独立されていてのパートナーなら良いですが
ただ、在宅ワーカーを捕まえて使い捨てるようなことはしたくはないんですよね。

 

とはいえ、もちろん、在宅でしか働けないという方も多いですから
在宅ワークを否定するものではありません。

 

業務委託にしろ、雇用にしろ相手あってのことですから
そこを忘れないようにしたいですね!

 

というお話でした。

 

P.S.

僕のところって中途採用が多いんですが
まぁ、中小零細企業なんて毎年大量に採用できるものでもないので
新卒よりは中途が多くなってしまうのは必然なんですが。

でも、僕のところは新卒の希望者も面接するんですね。

 

中途採用の方っていうのは、「今」仕事を探していますから
働かせてほしいというスタンスで面接に来ますよね。

当然っちゃ当然なんですが。

なので、僕も即戦力になるか?
そこまでいかなくても、伸びしろはあるか?

ということを判断しようと色々と聞きます。

 

でもですね、つい先日、来年春卒業の新卒希望の子を面接した時
めっちゃ選ばれてる感があって、久々に気が引き締まる感覚でした。

 

というのは、新卒の子たちは内定をもらうために
複数の会社に応募をするわけです。

で、その内定をもらった会社の中から
自分が行きたい会社を選ぶわけです。

 

とうすると、例えこちらが内定を出したとしても
選ばれなければ働きには来ないということになります。

 

中途の場合は、採用で翌週から勤務なんていうスピード感もありますが
この新卒に選ばれるっていうのは何とも言えない感覚になります。

 

もちろん、面接の段階でそういう空気出してくる子もいますからね。

もちろん、選んでもらってよいのですが、
内定をもらっても勤務するかわからないのでと言葉で言われると
その時点で落としたくなります(笑)

そういうもんだと心に言い聞かせていますけどね。

 

8月末から面接ラッシュが続いているので
ちょっと色々と感じていたりしますw

 

P.P.S.

外注化と言えば、外注化の上手な大越さんのキャンペーンが
今日から始まっていますね。

→ 大越さんキャンペーン

昨日も大越さんと飲んでたんですが、自由度がさらに増していましたw

どこにいても仕事が出来るを何気に実現させている大越さん。

そこにはサラリーマンに戻りたくない!という強い信念があったとは。。

 

あごひげを伸ばして生活したいという方は、是非大越さんの思考に触れてみてください。

基本、楽したいって感じですからww




茂呂史生メールマガジン