転校生を紹介します。

 

「今日は転校生を紹介します。」

 

その時は突然にやってきた。

 

僕は、何のためにビジネスをしているのか?

そんなことを漠然と考えるようになっていた。

 

起業してから6年が経とうとした時に
僕は2店舗目の着手をしていた。

 

その時から、自分でも表現のしようのない
漠然としたビジネスへ取り組む「意味」を見出そうとしていた。

 

理由はいたって簡単で、事業の規模は大きくなるに連れて
当然従業員の数も多くなってくる。

 

そうすると、守るべきものが増える。
それは、従業員だけでなく従業員の家族までに及ぶ。

 

もっというと、お客様だったりお客様の家族までもが
僕が守るべき存在になっていった。

 

当時、まだまだ若かったということもあり
全員分の責任を背負って「僕は頑張ってる」と思うようになっていた。

 

そんな時だ。

政権交代が行われた。
法律が変わった。

 

3店舗目を計画しているところだった。

 

閉鎖しなければいけない事業が出てしまった。

 

今でもトラウマで、二度と経験したくないと心に誓っていること。

 

プラットフォームの規約変更がなんてぬるま湯で
僕の事業は法律が変わる。

法律が変わるってことは、単価まで変わるってことで
その時は、1日あたり1人の利用料金が2/3になった。

 

人員配置の基準も変わって、営業時間まで指示されることになった。

 

僕のところは、東京都初の取り組みをしていて
最先端を取り入れた高齢者と子どもが通う施設を作っていた。

 

それが、この営業時間の指示に対応できないということになってしまった。

 

全職員を集めて説明をした時は一生忘れることが出来ない。
努力はしたけど、どうやっても対応できない。
言うなれば、僕だって国を恨みたい。

 

でも、そんなことを言っても仕方がない。

 

僕は、進む決断をした。

 

でも、、、

 

偉そうに従業員や従業員の家族を守るなんて言っておいて
全く守れていなかった。

号泣する人、怒りの声を出す人、理解してくれる人

 

全員の顔が今でも夢に出る。

 

でも、僕は進む決断をした。

 

だからこそ、絶対に忘れちゃいけないし忘れられないと思っている出来事。

 

そうしたら、僕はどうしたら良いんだろうと考えるようになった。

 

そこで出会ったのが、インターネットビジネスだった。

 

僕の仕事は、会社を未来永劫、継続させるためのすべてのこと。

 

なら、もっともっと大きくしないといけないと思った。
法律の変更、報酬の変更くらいで揺れる会社じゃダメだ。

 

でもどうしたら?

 

その時すでに結婚をしていて、妻のお腹の中には息子がいた。

 

不安に押しつぶされそうだった。

 

もっともっとやらなきゃ。

 

僕はそんな思いでインターネットを検索しまくった。

 

そんな状況で、ネットビジネスの門を叩いた。

 

個人で稼ぐ集団の中に入り、様々な可能性を見出すことが出来た。

僕は個人で物販に取り組み始め、輸入物販で3ヶ月で利益30万円まで行くことが出来た。

 

そこから、物販を活かすために物流会社も作った。
雇用を守る、増やすということを掲げている僕は
軽作業をたくさん作ることが出来る物流会社は理想的だった。

今でも、近隣に住む主婦の方が、ご自身が働ける時間で沢山働いている。

 

さらに、物販も事業に活かすように知育玩具中心のラインナップにしていき
今では、オリジナル商品を開発するまでになった。

 

でも、取り組み始めは、始めたばかりの不安があり
右も左も分からない新しい分野へ飛び込んだのだから、道標を求めた。

とにかく知りたいという思いで沢山のノウハウに手を出した。
教材を買い漁った。実践をしまくった。

 

そんな時に所属していたのがBECだ。

 

BEC1期では僕はFacebookでネカマの人。
当時、福祉も物流も物販も、もちろん営業したが
メインに活動していたのはFacebookのネカマアフィリエイト。

 

言い方がおかしいかもしれないけど、所謂Facebookアフィリエイトだ。
月に10万ほどの利益が出ていた。

 

そして、そのままBEC2期にも飛び込んだ。

 

事業は3店舗目を出したところだった。

 

それまでにも、多くの人と出会い別れた。

同じくネットビジネスに取り組んでいる人、副業で取り組んでいる人
専業で取り組んでいる人。

 

その環境にいることで、僕のモチベーションを保つことが出来た。

僕の心なんてそんなに強くない。

 

今でも閉鎖のトラウマを抱えているくらいだから
ハッキリ言って蚤の心臓ほど。

 

なんとかその環境にいることで、周りの人たちと切磋琢磨することで
なんとか自分のメンタルも保っている。
恥ずかしながら僕なんてそんなものだ。

 

自分の中に抱える「不安」「恐怖」「辛さ」「苦しさ」に
どう耐え、ねじ伏せて前に進むか。

勝負は自分自身とだ。

自分に負けるのか?戦うのか?

痛みのないところに前進はない。

 

現状維持は衰退だ。

 

頭ではわかってる。

 

苦しくなければ人生じゃない。

 

わかってる。

 

でも、そんな強い人間なんてどれほどいるんだろう。

 

僕自信もそうあらなければいけない。

 

あの時、そうあると誓ったはずなのに。

 

もがき苦しんでいる時にその時が来た。

 

「今日は転校生を紹介します。」

 

その時は突然にやってきた。

 

「途中からにも関わらず貴重なチャンスをいただきありがとうございます!」

 

なんだ、暑苦しい男がこのタイミングで?
なぜ、途中からなんて認められるんだ?

 

転校生?いったい何をしている奴なんだ。

 

黒縁メガネでトサカ頭、どう見ても遊んでいる感じだけど
見た目とは裏腹の態度。

当時僕は情報発信で稼げていない人だったんだけど
本当に真面目に誠実に挨拶をしてきた。

 

話を聞くと、三浦さんの教材「情報発信バイブル」を購入して
三浦さんに会いたすぎてコンタクトを取ってきたらしい。

そして熱すぎる男なので、途中入校を許可したとのこと。

 

たしかに、、、

こいつ、、、、

 

熱い!!!!

 

少し低い声で、目は情熱にみなぎっている。

 

百戦錬磨の俺も、少しだけ、いや、本当にほんの少しだけ
背中に汗が滴るのを感じた。

 

くぅ、、、いったいこの転校生はどんな人生を歩んできたんだ。

 

本当にその時は、熱さと真面目さと眼鏡の黒さに圧倒されたんだ。

 

少しして、その転校生が「情報発信バイブル」をアフィリエイトすることになった。

その時、転校生が国内転売が生業だということを僕は把握していなかった。
恐らく紹介はされていたんだろうけど、ちゃんと聞いてなかったんだろう。

 

その時すでに、転校生の誠実さと熱さに興味を持っていた僕は
情報発信に役立つと思うと言って、FacebookのノウハウPDFを特典として差し出した。

 

皆が渡していたからではなく、彼の真っすぐな姿勢に惚れかかっていたからだ。

 

そしてその転校生は、しっかりと結果を出した。

 

情報発信バイブルを見事に売り切って見せたのだ。

 

BEC内がざわ・・・ざわ・・・

っとしているのは、誰の目にも明白で
誰しもが、「この転校生はヤバい」と認識したのだった。

 

その後、転校生ともコミュニケーションをよくとるようになった。

時には、国内転売をしているので仕入れ先を開拓したいという相談に乗ったり
○○という商品が仕入れられたらガチ稼げます。
ということで、○○のメーカーに直接電話を掛けたところ
◇◇が卸になっていることを知り情報提供したりした。

 

同じ物販の仲間だったが、若干国内転売と僕が取り組んでいる転売は
性質が違うので、ガッツリと情報交換はしないけど

情報発信者同士、色々なことを語り合った。

 

3期のセールスでも頭角を現し、BOSの販売では四天王入りしていた。
BOS販売時では、僕は完敗。

 

転校生は情報発信の次世代ヒーローへとなっていた。

 

そんな転校生・情報発信の次世代ヒーローの名は

「井上直哉」

 

初めて聞いたときは偽名だと思った。

おいおい、、、

世界チャンピオンかよ、、、

 

センス零だな。

 

と、思ったものだ。

 

その直哉さんが実践し成功してきたゴールデンルールの階段が

今回「インターネットビジネスの歩き方」で提供している
国内転売のコンテンツになります。

 

なぜ、直哉さんが「情報発信バイブル」を
転校してすぐに販売し、成功することが出来たのか。

 

それは、国内転売の情報発信をそれまでにもしっかりとしてきたから。

つまり、正当で正しい情報を提供してきた経緯があるからこそ
情報発信についてのコンテンツが親和性があり爆発的に売れたということです。

 

ポッと出の、メルマガ始めたばかりです。
という人が、あの結果はとても出せません。

 

つまり、それだけファンが付く「国内転売」のノウハウを
提供し続けてきたという結果に他ならないわけです。

 

今回教材で提供されているノウハウは、特に早く確実な転売ノウハウです。

 

ある商材を仕入れに行くだけで、仕入れ先でも売り上げが確定してしまうほど早いノウハウです。

 

なぜならば、需要がある商品を仕入れに行くというノウハウだからです。

 

とはいえ、需要がある商品ってどうやって探すんだ?
とお思いになるかもしれませんが、それは教材の中で答えを話しています。

 

実はこのノウハウ。

僕も自然と実践していたことで、ある○○に行くだけというもの。

 

僕は偶然○○に行くことが多かったので、そこに行ったついでに仕入れてたという話でございます。

 

僕はこう思いました。

「おいおい、、、それ出しちゃうのか、、、」

 

こういう言い方をすると国内転売をされている方が怒るかもしれませんが
国内転売、特に新品家電を扱っている人って
今で言ったらNintendo SwitchとかPSVRとか

 

販売数の少ないものを買い占めて値段を上げている

 

っていう印象だったんですよ。

 

なので、そんなの商売じゃないって僕は思っていたわけです。

 

だって、本当に欲しい人がたくさんいるものを
買い占めることで相場を上げるって、、、

 

なんか、どう考えても印象悪いじゃないですか。

 

僕にも息子がいるんですが、ある商品が欲しくて
いつもおもちゃ売り場に行くんですが、必ず買い占められているんですよ。

で、Amazonで見てみると・・・・

 

泣ける~という価格。

 

父ちゃん、カッコいいとこ見せちゃうぞ!とか言って
金に物言わせて購入して妻に怒られるみたいな。

 

でも、直哉さんの国内転売のノウハウはそこじゃありません。

 

需要がある商品を代わりに仕入れに行くというもの。

 

これは、ビジネスとしてしっかり成り立っていると思います。

 

なんだか、国内転売、せどりに不信感がある方も手に取っていただければと思います。

 

さらに言うと、彼は北海道在住。

「東京だったらなー」とよく言っていますので
関東近郊にお住まいの方は、より有利なのかなと思っています。

 

今回の4つのノウハウのうち、最速で10万円に到達するのは
このノウハウではないかなと僕は思っています。

 

さらに、売れるのも早いので資金に関しての心配も少ないと思います。

4つのノウハウとの比較で、唯一在庫を持つのがこのノウハウです。

 

ですが、はっきりいますが、リスクはほとんどないですね。

 

トレンドブログは仕入れはないのでよさそうですが、やはり利益が出るまでに時間がかかる。
YouTubeも同様で、仕入れの資金はないけど売り上げが出るまでに時間がかかる。
BUYMAは無在庫なので、売れてから仕入れますが、それでも国内転売よりは時間がかかる。

 

ということで、最速で稼ぎたいなら国内転売一択ですね。
やれば初月で10万円は楽に超えます。

クレジットカードの枠がある方は、初月で利益30万円くらいなら目指せると思いますよ。

 

ということで、熱い男「井上直哉」の紹介でした。

 

→ インターネットビジネスの歩き方を確認する

→ 通常特典はこちら

 

PS.
北海道に合宿に行ったときに一緒の部屋に泊まらせてもらったんですが
常にパソコンを見続ける男でした。

 

これ、結構重要だと思っていて

 

起きたらすぐにチェックってなかなか出来ないと思うのです。

 

僕は、直哉さんと加藤さんと同じ部屋だったのですが
二人とも競い合うかのように起きたらパソコンを開いていました。

 

当時はBEC3期中だったので、チャットのチェックや売り上げのチェックをしていたのでしょうと思いますが、とにかく仕事へ向き合う姿勢が半端ないです。

そこまで真っすぐになれる男たちが作った
男の中の漢の教材

 

インターネットビジネスの歩き方で、サクッと人生変えちゃいましょう!

→ インターネットビジネスの歩き方



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ