仮想通貨の話と日本が終了の話。

 

ここ最近、ネットビジネスのキャンペーンとしての
仮想通貨をよく見かけます。

 

先日、谷口さんのキャンペーンをしていたので
かなり色々なキャンペーンをリサーチしました。

 

ですが、物販やYoutubeなど

以前は定期的にあったローンチがまったくもって無くなり
仮想通貨を買いましょう。もしくは買い方を教えますので楽して稼ぎましょう。

といったものが大半でした。

 

中には1億円あげますというキャンペーンもあって
結局は100万円分だったかな?の新しい仮想通貨を買うと
確実にそれが100倍になるので1億円になります。
といった感じのキャンペーンでした。

 

おいおい、、、

それ、あげてないじゃん!
あれ?上げてるからあげてるのか?

とか、トンチかっ!
と突っ込みたくなるようなキャンペーンも見受けられました。

 

その流れもあってか、業界は楽して稼ごう!
というムードになっているかと言えばそうではなくて

 

逆に、楽して稼げると思うな!
という発信が非常に増えてきているように思います。

 

どちらもポジショントークも多少入りますから
どちらが良いということはないと思うのですが

 

しいて言うのなら、どちらも正解なので
どちらもしっかりと勉強しましょうということです。

 

日本って、仮想通貨に対して「投資」とか「投機」というイメージが強いかなと感じています。

もう少し言うと、必ず上がるので今買いましょう。今投資しておきましょう。
というのがキャンペーンが盛んなところでしょう。

 

なので、そんな何もしないでお金を動かすだけで
儲かるわけがないだろう!

もっと確実な○○をやろう!

 

いやいや、○○をやるには膨大な作業時間があるんだから
今投資するだけで、半年後に億万長者になるこちらに。

 

 

すいません。

わざと悪い書き方をしていますが、これが現状かなと。

 

でもですね、やはり○○の人たちは仮想通貨をもっと知らないといけないし
仮想通貨の人たちは、、、変わりようがないかな、、、

つまり、否定するだけでなくて確認くらいはしましょうってことなんです。

 

例えば、物販のキャンペーンをされていたり発信をされている方が
仮想通貨なんて夢見るな!地道にやれ!

という発信をたまに見かけますが、それって本当に仮想通貨を
勉強しているのか?ということ。

 

もちろん、楽して稼ごうというキャンペーンは僕も否定しています(笑)

 

でも、仮想通貨は否定していないのです。

 

だって、これから仮想通貨の時代は来るので
そこをしっかりと理解しないままだとしたら結構危険だなと思うんです。

 

と言いますか、読者様に置かれましては
これからの日本を理解しないといけないということで本日の内容となります。

 

それでは行ってみましょう!

 

楽して稼ごうキャンペーンが先行している業界ですので
そこに踊らされてはいけませんというのは、僕も同意見です。

 

ですが、仮想通貨というのは、これから世界の通貨が変わるタイミングで
最も重要になってくるものと言っても良いでしょう。

 

ビットコインと言えば、さすがに聞いたことがない人はいないと思いますが
投資としては非常に上下幅が大きいので危険と言えるでしょう。

今日も3万円くらい値動きしているのでハイリスクハイリターンな感じですね。

 

興味がある方は、こちら登録してみて値動きを見てみてください。
本人確認をすれば、すぐに取引も出来るようになります。

→ Coincheck

 

チャートを見てもらえばわかりますが
11月初めが69万円
そこから先日では87万円を超えて、その後すぐに84万くらいに上がりました。

 

うん、投資としてはやっぱり危ないw

 

ハイリスクハイリターンそのものですね。

 

ながーい目で見られるならば、恐らく100万は行くのでしょうから
買っておいても良いとは思いますが、自己責任でお願いします。

話を戻しますが、なぜ仮想通貨の話なのかというと
今後、世界の通貨はデジタル化していきます。

 

これはすでに始まっていて、時代は仮想通貨時代になっているのです。

 

この仮想通貨という日本の言い方が悪いと思うのですが
デジタル通貨ですよね。

フィンテックといったほうが分かるでしょうか。

念のためWikipediaページ貼っておきます。

→ フィンテック(Wikipedia)

 

スイカやパスモに始まり、ペイパルもそうですし、クレジットカードもそうですよね。

 

つまり、紙幣が動かないお金のことです。

この先どこまで紙幣の時代なのかはわかりませんが
間違いなくデジタル通貨に移行はしていくはずです。

 

これは、裏の理由があるのですがあまり大きい声で言うと
ヒットマンに狙われてしまうので、お会いした時にこそこそ話でお教えしますので
その時が来たら聞いてください。

 

つまり、世の中は間違いなく仮想通貨になるんです。

 

すでに大手銀行も乗り出していますし、
先日融資関連で相談していた信用金庫の担当の方も
仮想通貨に関してはかなり話をされていました。

 

当然、これだけ仮想通貨が発展してくれば
仮想通貨で決済できる場所も増えてきていますよね。

自動販売機から店舗まで。

 

ビットコインで決済できるところは結構増えてきている。

簡単に検索してもこんな感じです。

→ Bitcoin日本語情報サイト

自動販売機も出てきているくらいです。

 

当然、需要はついてくるもので、仮想通貨のウォレットは
Amazonで売れに売れていますよね。

 

「仮想通貨 ウォレット」で検索すると
→ Amazon検索結果

こちらでベストセラーの商品をモノレートで検索すると
→ モノレート検索結果

当然と言えば当然です。

 

さて、ここまでお話しさせてただいて
ご理解いただけたと思うのですが

本来、仮想通貨というのは「儲けるためのもの」ではないのです。

 

あくまで通貨なのでFXと同じ。

 

はず。

 

相場があるので取引は行われますが
僕ら一般人は入金してデジタル通貨として利用するもの。

 

になるわけです。

 

今は、仮想通貨元年って感じで、
仮想通貨自体は数万種類くらい出来ているそうですが
いずれはその中で残った通貨で僕たちは生活をするようになるはずです。

 

そう考えると、今僕たちが準備することは何だろうか?

ということになると思うんです。

 

僕はここ最近、AIの話をよくさせていただきますが
銀行はAIを導入することによって飛躍的な進化を遂げます。

 

少し古い記事になりますが

→ 三菱東京UFJ銀 独自仮想通貨 実験で先陣 行内の取引管理費を削減

 

三菱UFJ銀行も独自の仮想通貨を作ろうとしています。

そして、AIを導入することで人件費の削減をします。
すでにリストラ計画を発表しているのでご存知の方も多いと思いますが。

→ 3メガが大規模リストラへ 3万2000人削減 三菱UFJは店舗2割統廃合も

 

1万人のリストラ計画って、、、、

 

震えるほどの話です。

 

銀行も商売ですから、当然経費を削減して利益を最大化していくと考える。

 

ここでお気づきだと思うのですが、なぜ仮想通貨がたくさん出来ていて
日本の大手企業、大手銀行がそこの権利を取り合おうとしているのか。

 

単純に手数料ビジネスです。

 

フィンテック = ファイナンス + テクノロジー

 

これは、セブンイレブンがなぜ一人勝ちなのか?
という話と同様のことになります。

 

トヨタが3年間車を一台も売らなくても経営していける
という話と同様のことになります。

 

それだけ、今、利権争いが行われているということですね。

 

つまり、それだけすべての企業、国が注目せざるを得ないのが
この仮想通貨になるわけです。

 

とするならば、僕たちが今考えなければいけないのは
どの仮想通貨に換金しておくかということ。

 

そこで僕がお勧めなのがこちら
→(URL)

 

すいません。冗談です。

 

でも、デジタル通貨の時代になるのは事実です。
日本円をドルに換金するときに手数料を取られる感覚で
仮想通貨に換金するときも手数料が発生します。

 

その代わり、送金するときの手数料が無くなります。

 

というのが、僕が勉強したアウトプットです。

 

すいません。もし間違いがあれば教えてください^^;

 

かなり正確だと思います。

 

 

PS.
日本が終了する話は、
長くなってしまったので、次回以降にお話ししようと思います。

 

先日、会社の保険の更新だったので保険会社の担当の方と話をしていて
冷や汗が出た話です。

本当に、日本終了のお知らせになるのだなと、背筋が凍りました。

 

誰でも予測が出来ることだけど、個人で意識している人は少ないと思います。

 

それをリアルに聞くと、、、

 

機会があればお話しさせていただきますね。

 

ではでは。

 

 

PPS.

まもなくメルマガ配信を移行します。

ご希望いただける方は、お急ぎこちらにご登録ください。

→ ご登録はこちらから



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ