それでは今日も、笑顔を取り戻すお話をしていきましょう。

 

 

正直に言いますが、僕は極度の人見知りです。

 

 

というと、僕を知っている人からすると驚くかもしれません。

 

 

が、事実です。

 

 

まったく話をしなくてよい環境であれば
一日人ごみの中で話をしないことも可能です。

 
では、なぜ僕は知っている人からすると驚かれるのでしょうか。

 
それは、よく話すからです(笑)

 
僕は、人とかかわるためには人見知りを克服していきます。
なかなか簡単にできるものではありません。

 
ですが、それをしないと自分にとっても何も進まないから
そうすることにしたんです。

 
どういうことかというと

 
「記憶してもらうために、どうしたらよいか?」

 
ということを考えたということです。

 

 

今、この話を聞いて、当たり前だと思った方は
要注意だと思いますので、よく読み進めてみてください。

 
無意識ではなく、意識的に行うから意味があるということです。

 
今、オリンピックが開催されています。
体操男子団体金メダル!!

 
いや~まじで感動しました。

 
少し話がそれますが、オリンピックを冷めた目で見ている人って
いるじゃないですか。

 
あれって、どうなのかって思いますよね。

 
冷静な俺かっこいい!
みたいな感じでしょうか。

 

 

僕は普段、体操は見ませんよ(笑)
でも、4年に一度のオリンピックでは全力で
日本代表を応援します。
というのは、一番ストーリーに共感できるからでしょうね。
もちろん、それ以外にも応援する場合もあります。
例えば、映画化もされたボブスレーの話は有名ですが
その時も全力で応援していましたね。

 
何が言いたいのかというと、体操が好きだから全力で応援しているんではなく
4年間努力してきたドラマがあって、そこに熱い想いがあって
それを応援するわけじゃないですか。

 
人の夢を応援できないやつにロクなやつはいないと思っているので
ってことで、どうなのかって思うわけです。

 
というか、日本を代表して戦っているスポーツ選手を
応援できないって、心が歪んでるでしょう(笑)

 
と、完全に話がそれましたが、オリンピック漬けで
寝不足且思考がオリンピックなのでご容赦ください。

 

 

というのが、話の流れになってきます。

 
「記憶に残るためには」という話ですが

 
「接触頻度を上げる」ということなんですね。

 

 

今、テレビをつければどこのチャンネルでも
オリンピックの報道をしていますよね。

 
スマホにも号外で金メダル!なんていうのが
飛び込んできます。

 
恐らくですが、日本国民で体操男子団体が
金メダルを取ったことを知らない人のほうが
少ないんではないかと思います。

 

 

ということは、どういうことかというと
オリンピックの話題に触れる頻度が極端に多いということですよね。

 

 

接触する頻度が多ければ多いほど
記憶にも残るということにつながります。

 

 

これは、情報発信という面で考えるとわかり易いと思います。

 

 

■毎日発信したほうが良い
というのは、まさにこの接触頻度の話です。
毎日メールをお送りすることで、内容はともかく
接触する頻度が上がるので、読者のみなさんに
思い出してもらう回数が増える。
つまり、脳のシェアが増えるということです。
これを、意識的に行っているか行っていないかです。

 

当たり前だと思った方が危険な理由は
ここを意識しているか意識していないかです。
恋愛に置き換えてみるとわかり易いかもしれません。
人を好きになったら近づきたいって思いますよね。
もっと言うと、お付き合いしたいって思ったときに
勝手にお近づきになれますか?
いや、勝手に近づいていたらそれって
ストー〇カーって言うんだと思います。

 

ならないっすよね。
じゃぁ、どうしていますか?
意識して近づきますよね。

 

食事に誘いたいんだとしたらリサーチをして好きな食べ物を
知り、さらにいうと、複数用意してチョイスできるようにする。
パスタと寿司が好きだったとしましょう。
そうしたら、おいしいパスタ屋を見つけたけど
おいしい寿司屋も知ってるんだ。
よかったら一緒に行かない?というね。

 

これが、何も意識していないイケメンは
いきなり焼肉に誘ったりするわけです。
俺が好きだからという理由でね。
「私お肉食べないの~」
で終わりっすよ。余程イケメンでない限り。

 

つまり、頻度を上げる意識をするということは
内容も拘るということになるわけです。

 
はい。メルマガに戻ってもう少し考えてみましょう。

 

 

・接触頻度を上げる
出来る限り多くメールをお送りして、忘れないでもらう。

 
・内容にも拘る
なんか、この人いい人カモ~

 
はい。当たり前のことを長々とお話ししましたが
当たり前だと意識することが重要だということですね。

 
でも、ここを意識していないと

 

 

俺、オリンピック興味ないし~とか言っちゃうわけです。

 
わかりましたかね。

 

 

ここまでお話すれば分かると思いますが
僕が極度の人見知りであっても、そうは思われないようにしているということ。

 
それって、持って生まれた天性の才能でやっている人なんて
ほとんどいないということです。

 
人と人が関わりあうときに、自を出していくなんて
愚の骨頂。

 

 

やはり、こういうところをしっかりと意識できる人が
雑談力も高いでしょうし、コミュニケーション能力も高いと
周りからも評価されるようになるわけです。

 
意識して接触頻度を上げる。
これを意識してみると、ビジネスの展開も変わってくると思いますよ。

 

PS.僕が人見知りを克服できたのは 「演技」 を意識したからです。
人生は劇場です。
僕はその中の演者なんだということ。
ビジネスにおいて天性の才能なんて必要ないと思っています。
その時その時に必要な人を演じる。
それって、なんか普段言っていることと矛盾すると感じるかもしれませんが
演じ切ることが大事です。
背伸びをするとか、自分を偽るとかそういう話ではありません。
人はそれぞれが、それぞれの人生を演じているという感覚です。
であれば、自分がなりたい人生を演じているわけです。

それこそ、しっかりとストーリーをもつこと。
それが大事になるわけです。



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ