”生”が好きです(〃▽〃)ポッ

 

昨日はちょっとした贅沢をしてきまして
こんな感じでございます。

Facebookへの投稿

 

”生”と”リアルタイム”についてお話しますと
宣言していたので、さっそくお話しさせていただきます。

 

記事内では、最高だったと述べていますが
こちらメルマガはクローズドな発信と理解していますので
もう少しお話しさせていただこうと思います。

 

メディアの使い分けというやつです。(え、聞いてない?)

 

実は後ろの席に座っていた女子二人が
終始号泣しているんですよ。

 

相当なファンで、RADWIMPSに会えたことに感動しているのか
それとも、ストーリーを思い出して泣いているのか。

 

まったくもってわからないのですが

「あっ、うっ、うっ、う~~~」

 

「チーン」

 

みたいな感じで、かなりうるさいんです。

 

今回のこのイベントは

「未就学児はご遠慮ください。」

というもの。

 

我が家の息子は最近君の名はが大好き。

でもって、RADWIMPSも大好き。

前前前世が流れた日には、もうノリノリです。

 

でも、オーケストラって「音」を出してはいけないから
出す可能性がある未就学児が入れるコンサートって少ないんですよね。

それこそ、専用の親子オーケストラみたいなもの。

 

だからこういうイベントがあるわけでして

→ プレミアムコンサート

 

さて、話をまとめますが

大人なら音を出していいってものでもないわけです。

 

ましてや、オーケストラを楽しみに来ている人にとっては
迷惑千万。

 

泣くなとは言いません。

 

でも、そこまで我慢できずに鼻かむまでになるなら
一度退席するべきなのです。

 

どんだけ自己中なんだ・・・

 

ということなわけです。

 

私はそんなのお構いなしで楽しみましたが、周りの雰囲気がそんな感じでした。

 

 

おや?今日の茂呂は愚痴を言うメルマガか?

 

いえいえ、そうではございません。

 

 

これが、”生”で”リアルタイム”をお伝えしているということなわけです。

 

体感した人にしか話せない内容です。

 

Facebookで書いたことも本当に感じたことです。
生演奏はとても素晴らしかった。

本当に、鳥肌が立ち続けていました。

 

何度も観ている映画でしたが、シクシクする場面もありました。

 

それも含め、「チーン」も含め、
会場にいなければわからない

 

”生”

 

の体感なわけです。

 

はい、お考えの通りです。

今日で3回目となるBOS対談シリーズも
リアルタイムでまさに今、”生”でスクールを受講している人たちの声です。

 

これは、体験している人にしか話せない内容となっているわけですね。

 

 

ということで、本日の対談音声になります。

 

愛知県から月に2回は東京に来ているという
フットワークは軽いこのお方とです。

→ BOS対談音声 吉井友紀×茂呂史生

 

物販では輸出をしながら、トレンドブログに取り組む
複数キャッシュポイントを上手に構築している方です。

出会った頃は、漫画喫茶からの夜行バスとかで
東京に来ていたと思うんですが、いつの間にか
新幹線がデフォルトになっているような気がします。

 

稼ぐようになるとそうなっていくんですね。

当然、時間に投資!っすね

 

付き合いも長くなってきているので、かなりリラックスした音声になっておりますがご了承のほどお願いします。

 

対談まとめ

岡 麻美
~3人の子育てをしながらサラリーマンとして働きつつBUYMAに取り組む主婦~
→ BOS対談音声 岡麻美×茂呂史生

 

大鶴 政貴
~起業家志望でWEB関連の多忙なサラリーマンをしながら国内転売に取り組む~
→ BOS対談音声 大鶴政貴×茂呂史生

 

→ 期間限定特設アウトプットフォーム



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ