蚤の心臓が2mのジャンプが出来るのか?

 

蚤ってご存知ですか?

 

そうです。そのノミです。

 

よーく見ないと見えなくて、よく見ると虫のあれです。

そのノミの話なのですが、最初に問題です。

 

ノミって1mmとか2mmっていうサイズだと思うのですが
どれくらいジャンプ出来るかご存知ですか?

 

垂直跳び。

 

 

実に自分のサイズの200倍近く飛ぶんです。

 

すごくないですか?

 

 

人間のサイズでいったら、30階建てのビルを飛び越えるくらいの
サイズに相当する高さまで垂直跳びすることが出来ます。

 

 

でもですね、飛べなくすることも出来ます。

 

なんだかカワイそうな話ですが、後ほど安心しますので
話を進めさせていただきますね。

 

 

このノミのなのですが、天井をつけると
物理的にそこまでしかジャンプ出来なくなるのはわかりますよね。

 

例えば、20cm程のコップにいれたら、、、、

物理的には20cmしか飛べなくなります。
頭ぶつけちゃいますから。

 

 

これをしばらくそのままにしておくと、そのコップをどかしても
ノミは20cmしか飛べなくなってます。

 

飛べなくなっているのか、飛ばなくなっているのかはわかりませんが
とにかく、それまでは数メートル飛んでいたノミは
コップをどかしても、コップの高さまでしか飛べなくなるのです。

 

これが所謂、教育です。

 

私達大人は、こうやって日々コップの知識をつけてきました。

そうやって積み重なっていくことで
自分のコップの高さっていうものを勝手にそこまでだと
考えてしまうのです。

 

これが所謂、マイペースってやつです。

 

本来であれば、マイペースというのは
経験したことがあることに対して、次回のペースを
配分することを指すのであって、

 

一度も人生を全うしたことがない我々が
マイペースというのはいかにおかしいことなのか理解していただけると思います。

 

つまり、これまでの知識や経験から、

 

「これをやったら、これくらいだろうな」

 

ということを勝手に考えてしまっているのです。

 

 

本当なら数メートル飛べたはずなのに
20cmの高さで納得してしまうのです。

 

 

では、このノミがもとの跳躍を取り戻すために何が必要なのか?

という話になっていくわけですが、これも問題です。

少しだけ考えてみてください。

 

 

飛び方を忘れてしまったノミを再度飛べるようにするためには
今度は飛べるよと教育するわけです。

 

どうやって?

飛べるノミを見せることによって。

 

 

実際に飛んでいるノミを観ることによって
それまでのことは忘れ、自分も飛ぶことが出来ると思うようになるわけです。

 

そして、それまで実際に飛んでいたわけなので、飛ぶことが出来るというわけです。

 

これは何かというと、よく目標設定でこの話をされます。

 

自分自身の知識で天井の限界を決めてしまっていることを
打ち破るためには、飛べるノミの元に行きましょうというもの。

 

つまり、自分の限界よりも高いところにいる人を知ろうぜってことですね。

 

 

でも、そんなことってなかなか出来なくないですか?

だって、自分が限界だと思っている(思い込んでいる)わけですから
それ以上を知ろうとすることってなかなかないもんだと思うんです。

 

 

では、限界って自分が知っているところで終わってしまうの?

 

 

いえいえ、こう考えています。

 

 

限界までは知っている。

では、時として天井をぶっ壊して突き抜けていくくらいの発想を持とう!

とんでもない目標を掲げてみよう!ってことです。

 

 

なんか、目標って当たり障りのない達成できそうなあたりに
設定してしまいがちです。

 

でも、そこが限界だと思っているのは自分だけだということを
自ら意識することが出来るのは、ノミと人間の違いです。

 

であるならば、そこを自ら超えてみるのです。

それも圧倒的に。

 

 

今年は私のところでも、今まででは考えられないくらいの
高い目標を掲げています。

 

飛べなくなったノミの、さらにノミの心臓を持ち合わせている
私が、そんなに高く飛べるはずもないと思いながらも

 

企業目標と個人目標を掲げています。

 

 

これは毎年、自分では達成できるはずもないと思いながら
でも、可能な限り設計していくのです。

 

先日たくさんの興味あるぞ!というクリックをいただいた
黒船でも、年商5倍の目標を掲げています。

 

その為に、昨日も深夜までミーティングをしていました。
18時に集まってから深夜までです。

 

そうして、高い目標を掲げてノミの心臓をMAX引き上げ
そしてそうした個が集まって高く高くジャンプできるようになる。

 

と、信じています。

 

1年間で5倍の規模に拡大するために

お客様が成長していただく、稼ぐようになっていただく
そしてより多くの物量になっていただき、発送をしていただく。

そういった好循環のサイクルを5倍にするためにということを
深夜まで考えながら、自らの行動もコミットメントしてきました。

 

今年に入り、のんびりということとは無縁に活動していますが
晴れ晴れと活動できているのは、こうして自らの限界を
とうの昔に越えようとしているからではないかと思っています。

 

PS.
個人の物販もWOWMA!の審査が通って今日必要書類を送ったので
そろそろ出品が始められそうです!




茂呂史生メールマガジン