福井へ移動中に考えたこと。

 

一昨日から昨日にかけて、もう10年以上お付き合いのあるお客様と
金沢へ来ていました。

 

到着してすぐに近江市場へ移動し、痛風三昧していました。

→ その時のFacebook投稿はこちら

 

いやー、、、

こういう時に自重したら負けだと思っているので
めいっぱい羽伸ばして悔いまくっています。

違う、食いまくっています。

 

太る?痛風?

知らんがな!ってね。

 

見事明日あたりのメルマガでは、後悔の発作を中継できるかと笑

 

そして今は、お客様と別れBOS購入者の谷さんの元へ移動中です。

 

金沢から福井へ移動しております。

 

 

タイトルで考えたことって言ってしまいましたが
感じたことって感じでお話させていただこうと思います。

 

一言で言うと、仕事の減少と今できることって感じです。

 

では、いってみましょう!!

 

 

最近、東京駅来てますか?

 

金沢へは北陸新幹線かがやきが走るようになってから
グッと行きやすくなりましたよね。

 

実は2年前にも母親を連れて金沢へ来ています。

おもてなし日本一と言われる加賀屋旅館に来たのですが

 

 

その時と比べても明らかに違うことがありました。

 

 

それは、、、、

 

 

何だと思いますか?

 

東京駅に限ったことではないと思うのですが
ここ数年で電車にまつわることで明らかに変わっていることってありませんかね?

 

 

そうです。

 

駅員さんの女性比率ですね。

 

明らかに増えていますよね?

 

今回、出発の東京駅では改札にいる駅員さんの男女比1:1くらいでした。

もしかしたら、女性の方が多かったかもしれません。

 

 

ってくらいに、女性駅員さんの割合が増えてきていると感じています。

 

それと同様に、バスの運転手、タクシーの運転手にも女性が増えてきているという気がしています。

 

気がしているというか、明らかにそうなっていますよね。

 

 

それって、一体何なんだろうと考えてみました。

 

まずは、歴女と同じで、いきなり鉄女が増えたってことですね!

 

ってことはないと思いますが、

単純に考えてすぐに思いつくのが3つ。

 

・共働きの増加

・仕事の減少

・シングルマザーの増加

 

ということですね。

 

・共働きの増加

こちらは、もうそのまま。

働きたい女性が増えたというよりは、共働きが基本になり
旦那の給料だけでは生活できない家庭が増加しているということ。

一概にそれだけではなく、生活のためだけではない共働きもあると思いますが
概ねは生活のために共働きをしている世帯が増えているということでしょう。

国は景気は良くなったという幻想をいだいていますが
そんなものは大企業だけで、やはり中小零細企業は
まだまだ辛い時代を踏ん張っているってことです。

 

働き方改革なんてやってる場合じゃなく
このままでは日本の経済が終了してしまうということを
しっかりと受け止めて、国全体で戦略を考えていかないと
この先オリンピックが終わったあとの日本は本当に大変なことになります。

 

結局今は、オリンピック開催までは

 

「景気が良い日本」

をアピールしているに過ぎません。

 

言うなれば、ブランド物を着飾った
中身すっからかんの社長みたいなもんです。

 

これが、オリンピックまではという原動力で動いているわけなので
実際、オリンピックが終了してそのブランド服を脱いだ秘本の体は
どれだけ貧相な体になっているのでしょうか。

 

そんなこと言ったってどうすればいいんだ?

 

ってことになりますが、それは今から地道に稼ぐ力をつけるしかないと思っています。

一発逆転の仮想通貨にぶっこむくらいなら
その分を自己投資に回して、自分自身の成長に務めなければ

 

このまま日本が沈没していくのを、ただ指を加えて見ていなければいけません。
どころか、一緒に沈没していくしかなくなってしまいます。

 

そうならないために、私は常に自己投資をし続けているわけです。

 

 

・仕事の減少
これは、今まで女性が働いていた職種がなくなってきているということもあると思います。

 

例えば、スーパーのレジ。

パートの定番といえば、スーパーのレジ打ちがあると思います。

自分の好きな時間で出来る仕事ということで
やはり人気が高い職種だと思います。

 

しかし、AIの進化やレジハードの進化によって
その仕事自体がなくなってきています。

これは、生活をしていても実感します。

 

企業も、この部分のコスト削減は永遠の課題ですから
これだけレジが進化していくのであれば、導入するメリットのほうが大きいでしょう。

 

私の周りでも、近所のGEOはすでにレジは無人になっていますし
SEIYUもレジは自動になっていますね。

話題になっているところで言うと米国Amazonの無人コンビニですかね。

 

それ以外にも、三菱東京UFJ銀行がAI導入に伴い9000人のリストラを発表したのも記憶に新しいと思います。

 

つまり、男女にかかわらず、仕事は減少している。

新卒でも就職先がなく、もともと人手不足だった運輸関係に人が流れている。

 

ということなのではないかと思っています。

 

これ、福祉分野も人手不足で苦しんでいますので
うまく流れを作れないかと日々考えているのですが、未だに思いついていません。

 

新卒が福祉へ就職する。特に私のところへ就職するという流れが作れたら、、、

 

どなたか良い案、アイデアをいただけませんでしょうか。

 

 

・シングルマザーの増加
そしてこちらは、女性が一人で生きていける世の中になってきた。

ということになるかなと思います。

 

昔に比べ、やはりシングルマザーが増えてきたと思っています。

とくに福祉業界は多いです。
これは、偏見ではなくて福祉業界って働きやすいんです。

 

例えば、うちの訪問介護事業所は好きな時間を登録しておいて
その時間に仕事があればお願いするという形を取っています。

 

そうすると、小さいお子様がいる家庭なんかは
9時から18時ってなかなか働けないと思うのです。

 

子どもが保育園に行っている間や、保育園から帰ってきて
祖父母に預けられる夕方から夜までの時間など

各家庭によって、働ける時間って変わると思うので
それに合わせられるというのが大きな要因ですね。

 

とは言え、今はまったく福祉が人気がないので
以前のようには多くなくなってきた気もしますが。

 

ただ単に、シングルマザーというだけでなく
女性が一人で生きていける時代になったというのは
とても良いことだと思います。

 

言い換えると、男尊女卑がなくなってきたということだと思うので。

 

ま、なくなるわけはないですが、でも昭和の頃に比べれば
まだマシになってきたという感じでしょうか。

 

つまりまとめますと、

 

「女性が社会へ出る機会が増加している」

 

ということだと思います。

 

理由は様々ですが、社会へ出て働くということが
増加しているということがポイントですね。

 

 

ネットビジネス業界でも、4年前に比べると女性の参入が増えて来ていますね。
私の周りでも、非常に多くなってきました。

 

今現在もBOS購入者でコンサルチャットにいる方の割合は
男女比5:2ですからね。

以前は7:0だったくらいじゃないかなと思っています。

 

人口の現象と相まって、女性の社会への進出。

 

ここは、今後10年は非常に重要なポイントだと思っています。

 

と言ったところで、そろそろ目的地へ到着となります。

 

ではでは。

 

PS.
福井へ向うサンダーバードの車掌さんもかわいい女性でした。



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ