フジテレビはホリエモンに買収されたほうが良かったのか?

 

昨日の女性が働く問題にも通ずるかも?

 

陸王では号泣しまくり、コミュニティでは必ず見てほしいという課題にさせてもらっていますが、あまりトレンディドラマは見る機会がありません。

が、以前は結構観ていました。

ロンバケでは山口智子に惚れました。
HIROで松たか子がかわいいと初めて思いました。

そんな中でこちらの記事。

深キョン、亀梨、芳根京子ら“討死” どうにも止まらないフジテレビの8ブランド低下〈週刊朝日〉

 

さて、いかがな感じでしょうか。

深田恭子がかわいいというか、とても35歳には見えないのは置いておいて。

 

 

やはり、現代人のテレビ離れは進んでいると思います。

 

と言う前に、ビデオで撮ったものは視聴率に反映される?

ここがわからないので、一概にこのデータがどうなのかってところなのですが
妻はドラマが大好きなのでビデオ(HDですが)に撮って時間のある時に観ていることが多いです。

ここって結構重要だと思うのですが、ロンバケのころって
予約時間になるとテレビを付けて録画していた気がするので
きっと視聴率に反映されていたはずだ。

 

けど、今ってどうなんだろうか?

ちょっとわかりかねるので、反映されていないと仮定して話をしますが、

 

 

上記でも言ったように、妻はビデオ(今はHDですがw)に撮って観ていることが多いです。

これは、技術の進歩でしょうね。

 

録画が簡単になったということで、リアルタイムで観る必要が無くなった。

というか、待機していなくても良くなった。

 

そして、録画予約も超簡単になりましたよね。

毎週予約とか。

 

妻は子育て世代。

つまり、夜の8時、9時にテレビが付いていないんですよね。

 

子どもが寝る時間ですしね。

 

つまり、月9は必ず視聴していますが、必ずビデオです。
もしくはレンタルビデオ。

結構こういう世代が多いんじゃないかなと思います。

 

更に言うと、核家族化もあるかなと思っています。

 

子どもを寝かせていても、昔はテレビってついていた気がします。

なんていうか、観ているわけでもないけどついてませんでした?

 

それが、核家族化が進んで、パパはいない、ママは寝かしつけだと
テレビがつけっぱなしってこともなくなったのかなと。

 

つまり、視聴率の低下は品質の低下じゃなくて
少子化と家族形態の変化ってことの要因があるんじゃないかと思っています。

 

とは言っても、AbemaTVの快進撃などを見ると、一概に少子化だけではないということもわかります。YouTubeの躍進もありますよね。

 

つまり、テレビ以外の充実。

同時間帯に、テレビだけが選択される時代ではなくなったということです。

 

ホリエモンがフジテレビを買収していたら、今頃はAbemaTVのようなテレビ局が出来上がっていたかもしれませんね。

 

これ、何が言いたいのかというと、テレビ局ってマジで守られているので
堕落しまくっているんだってことなんですよ。

 

電波法があるので日本では勝手にテレビ局が作れませんよね。
だから、インターネットで成功したAbemaTVが出てきたわけですけど、ここを根底から覆していかないとダメだと思うんですよ。

 

テレビ業界って全て遅れていると思いますんか?

 

まず、放映後のインターネットでの配信。

なんで有料やねん!!w

って思いませんか。

 

 

テレビは無料で観られますよね。
広告費でテレビ局は運営されているわけなので。

 

それが、なぜインターネットでの配信だと有料になるわけですのん?

 

周り見えてます?

 

GyaoしかりAbemaTVしかり、成功しているところは無料ですよ。

ユーザーから取るのではなく、テレビ局と同様に
集客をして広告費で収益を上げているじゃないですか。

YouTubeもですね。

 

それがなぜ、テレビ局は

「見逃したの?だったら金払えや(わら)」

 

という強気戦略になるのか。

 

まぁ、DVD化して商品化していく流れというのもわかりますが
だから不正アップロードが後をたたないんじゃないかなーとか勝手に思っていたりします。

 

そして、今回の記事を読んでから考えてみたのですが
テレビをあまり観ない私にとっては、露出が少ないので知らないということも大きいんじゃないかなと思いましたね。

 

昔って、上記したとおり家庭での過ごし方にテレビを観るという割合が多かったと思うので、話題でも聞くことが多かったです。

 

でも、最近ってそういう話題がなくなったということもありますが
テレビの広告が少ないって思います。

Facebook広告なんて、かなりの企業が有効的に利用してきていると思いますし、YouTube広告だってかなり有効なんじゃないかと思います。

動画で広告が打てるわけですし。

 

GoogleやYahooには出ているようですが、文字で見るのと動画で観るのではやはり印象が違いますよね。

 

私があまり興味が無いから追われていないのかもしれませんが
ドラマの宣伝をFacebookで観たことはないかもしれませんね。

 

もう少しやってもいいんじゃいかな~。

 

深田恭子に観てね♪
って言われたら観ますけどね。

 

でも、番宣って視聴率のない同放送局内の別番組でしかしてなくないですか?

してるのかな。

 

なんていうか、もっともっとそういったB to Cの広告戦略も
大手は考えていかないといけないんじゃないかなとか思ったりしたのでした。

 

PS.
最近のFacebook広告はMakuakeばかりになってきていますけどね。
しっかりとリターゲティングされています。

 

そんなMakuakeの展開は2月19日からでございます!

先日、担当さんと打ち合わせをしてきましたが、かなり可能性があるなーと思いました。

商品だけでなく、サービスの販売もできるってことなので
今後、ちょっと色々考えてみたいと思っています。

 

PPS.
福井からの帰りの新幹線の車掌さんも女性でした。



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ