変化球が得意でした。

 

高校生の時、野球の才能があって野球部にスカウトされたのは良い思い出です。

 

が、通学していた高校は東京大会でいつも1回戦負けだったので
いわゆる弱小です。

なので、スカウトされたわけですが・・・

 

 

運動部には入っていなかったのですが
(今の体形で納得されては困るのですが、高校生の時はもっとスマートでした。)
卓球部と野球部にスカウトされた経験があります。

 

どちらも体育の授業の時の動きからだったのですが
卓球はまぁ今でもかなり強いです。いつでも対戦お待ちしています。

 

野球は、走るのは嫌いでしたのでピッチャーしかしていませんでした。

もちろん、スカウトされたのはピッチャーとしてです。

 

スカウトというのは大げさで、野球部はいらない?くらいのもんでしたが
なぜ、声がかかったのかというと体育の授業で野球部をバッタバッタと三振にしていったからなわけです。

 

これは、戦略勝ちというか、直球で勝負しても勝てるわけがないのを
理解していたっていうだけの話なのですが、毎日バッティング練習をしている野球部に、練習より遅い直球を投げたところで勝てるわけがないというのはお分かりいただけると思うのですが、そこで変化球ばかりを投げてやったわけです。

 

するとどうでしょうか。

 

そもそも、変化球の練習どころか、ピッチング練習すらしていない人がでたらめな投げ方をするもんで、読めないわけです。

読めないと反応が遅れるわけです。

 

完全に戦略勝ちってことですね。

 

 

つまり、野球で勝ったというよりは、勝負に勝ったって感じですかね。
高校生ながらに、そんなことをしていた性格の悪い感じなのですが。

 

でも、最近思うのですがやはり変化球までだよなって。

 

何の話だ?と思うかもしれませんが、実は世の中には私含めて
自分の考えがすべてで、なんだか売れるかも!みたいな、野球で例えるならピッチャーなのに三塁から投げたら打ちにくいカモ!?とか思ってしまって実行してしまう人がいるんじゃないかなと思ったんです。

 

結局ルールから逸脱しすぎているので、ルール違反でアウトなのですが、でもそれは野球の世界だからであって、世の中では逸脱していることに自分で気が付かなければいけません。

 

でも、ルールの中では実は思いつくことで行動した人が勝ちっていうことも多いってことに今日気が付きました。

 

 

というのは、

 

需要のある所にビジネスありってことですね。

 

 

当たり前のことなのですが、今日は週末に出かける荷物をヤマトに預けに行ったんです。

 

往復便ですね。

よくできた商売だと思いました。

運賃が軒並み上がっている感じなので、しっかりとこの往復便も料金が上がっていました。
あれ?こんなに高かったかな?と質問したんですが、値上げしたんですよ~の一声。

かといって、それでやめるかと言ったら送るのをやめるわけではないので
需要のある所にビジネスありって感じだなと。

 

ゴールドラッシュの時につるはしを売った人が儲かったという話は、有名だと思いますが、そう考えると儲かっている人はたくさんいます。

つるはしを運んだ人も儲かっただろうし、金山へ向かう人を運ぶ人も儲かっただろうし、ジーパンもそうですね。

 

 

でも、上記のようにルールから逸脱しすぎていたとしたら。

例えば、

つるはしで掘っている人の横でダイナマイトを売ったとしたら。

邪魔者をすべて吹き飛ばして、おまけに金もザックザク。

 

 

いや、もしかしたら売れるかもしれないけど、、、、

 

売っちゃいけないですよね。

 

やはり、その中でやらなければいけないことがたくさんあるワケです。

 

つまり、王道からのずらしと王道を進み続けるということ。

これが実は最短にして最速なんだということを理解したわけです。

 

この記事を読んだ時にも思いました。

大手商社、業績絶好調も トップの顔色冴えず 理系社長「第4次産業革命」取り込めるか

 

為替がどうだこうだで輸出しよう、輸入しよう。
Amazonの規約が変わったからヤフーにしよう、BUYMAにしよう。

みたいに、変化球ではなくて別のプラットフォームに行っちゃうみたいな。

 

言うなれば、野球では勝てないからサッカーしようぜwみたいな。

 

ルールに流されて行く人達。プラットフォームの変更に対応しない人たち。
色々居ると思いますが、世界企業も世界というプラットフォームで戦っているんですよね。

 

んでもって、ルールの変更に対応してまっすぐに努力しているんです。

 

アメリカの税制が変わるだけで数千億利益が変わる。恐ろしいですが、良くも悪くも対応するしかない。

 

それが、今世界的に産業革命が起きているということで、今後さらにどのように対応するのか。
これは、企業だけにかかわらず個人にも関わってくることだと思いますので
アンテナ下げてたらダメだなと思います。

 

2020年にプログラミングが義務教育必須科目になるように
世界は動いているんだということですね!

 

そこで今、何が出来るのか。

何を努力すればいいのか。

 

 

自分のエゴだけではなく、大きな流れを観ながら
自分のコミュニティだけではなく、もっと広い視野で

 

王道が何か。

そこに変化を加えられることは何か。

 

ということを、もっと考えていきたいと思った次第です。

 

 

PS.
麻雀で例えるなら、国士無双か四暗刻が王道で
これを狙い続ける努力をすることでいつか自模ることが出来るわけです。

さらに、ここから変化していくと国士無双が字一色になったり
四暗刻に大三元がくっついちゃったりするわけです。

 

常に、王道をまっすぐに。いつか四暗刻を!とあきらめない心が大事だと思います。

 

PPS.
本当のことを言うと、今日新商品のネーミング会議をしていたのですが
まわりまわって、やはり売れている商品のモデリングで落ち着きました。

 

商品自体は売れている。それに変化を加えて現代っぽくターゲットを絞ってアレンジ。
という方向で進んできたのですが、王道に立ち返った感じです。

 

発明ではなく発見を。

 

まさにこれではないかなーと思います。




茂呂史生メールマガジン