だいじょうぶなのかな~?

 

ご紹介させていただいておりますSNS-Strikeですが、、、

 

僕の伝え方も悪いので責任を感じていますが
届いてほしい人になかなか届いていない現状です。

 

現在、お申込みいただいている方々は
お久しぶりの方から新規の方まで、最近の僕の周りの方ではなく
ビビっと感度高く申し込まれている方々です。

 

近しい人は1割以下っすね。

 

いかんせん、昨日のブログでもお話しさせていただきましたが
SNS攻略自体がうまくいっていない人が多数の中
ツールの利用方法まで覚えなければいけないとなると
これは、障壁の何物でもありません。

 

今のところ、僕はFacebookの仕組みとInstagramの仕組みは
研究しているところですが、Twitterに関してはずぶの素人。

Instagramもどこまでできているか?というと
フォロワーが1200人を超えたくらいなのでまだまだです。
→ 茂呂史生Instagramアカウント

良ければフォローしてくださいね☆

 

 

Twitterも取り組んではいるのですが、昨日のブログのとおり
正直できているか?と言われれば全然出来ておりません。

フォロワーは1700人を超えたくらい
→ 茂呂史生Twitterアカウント

良ければフォローしてくださいね☆

 

InstagramもTwitterもFacebookとは違い
フォロワー数の桁を上げていかなければいけません。

 

Facebookは上限が5000人ですが、InstagramもTwitterも
上限がないので、数十万フォロワーを目指しています。

ので、まだまだですね。

 

ですので、実際に僕がすでに成功しているのだとしたら
もう少し反応する方もいるかもしれませんが
なかなかリアルに感じてもらえていないんだろうなと思います。

 

だって、僕より全然頑張れよって方へ届けられていないので。

 

そこで、なぜそうなっているのか?と考えました。

 

すでに答えを言ってしまっていますが、リアルに感じられていないからだと思います。

 

SNS-Strikeを使用したあとの先のイメージが湧いていないってことなんだと思うのです。

 

ですので、今日は

 

「なぜ、僕がこのツールを作ることに関わったのか。」

「なぜ、僕がこのツールを使った戦略を取っているのか。」

 

について、お話しさせてもらおうと思います。

 

 

それでは行きましょ!

 

 

と、その前に、、、

 

ツールについて否定的な意見の人もいるので
その話をしようと思います。

 

なんつーか、ツールは悪だ!

みたいな頭でっかちな考えを持っている人はいまだに後を絶ちません。

 

そういう方は、一生手足を動かして、無駄な時間を過ごしていただければ良いと思うのですが、このご時世、利便化するためにツールを導入するのなんてごくごく当たり前のことです。

なので、システム屋さんという職業があるわけですから。

 

僕の友人はホテルの入退室管理のツールを作っています。
かなり大手のホテルにも導入されているのですが、専用にカスタマイズする作業が大変だと言っていました。

以前、沖縄に旅行に行った際に偶然泊まったホテルが
そのツールを利用しているところで、友人とばったり会ったのも良い思い出です。

大昔は紙で顧客管理をしていたと思いますが、こういうシステムツールが出来てから、劇的に仕組み化されていったでしょうね。

これから紙に戻すか?と言って、そうしようというところはないでしょうね。

 

システム化ツールと言えば、これまた某スポーツジムでの顧客管理ツールを導入してから売り上げの桁が上がったという話。

それまでは職員が手動で顧客管理していたものを、ツール化して
リストマーケティングを始めたということでした。

 

物販でも在庫管理のツールなんてのは、ごく当たり前に使われていますし
決済だって月額払ってツールを借りるわけです。

僕のところでも通販で利用している決済ツールはLPに埋め込みますが
月額15000円(税抜き)で支払って借りているものです。

ツールを利用せずに、すべて銀行振り込みで確認なんて
今時できませんし、客離れにつながりますよね。

 

 

というように、何だか知りませんが、現在の作業を利便化するために
ツールを導入するということが当たり前に行われているこのご時世に、

 

ツールは悪だ。

とかいまだに言っている方は、、、

 

どうぞ手動で頑張って24時間作業に追われてください。

という感じですね!

 

ちょっと、強い言い方なのでクレームきそうですが
でも、そういうことですので、無駄な時間を費やす努力をし続けてください。

 

 

さて、では本題ですが

 

じゃぁ、そこまで言うけど、なぜ茂呂はこのツールに飛びついているの?
開発にまでかかわって、マニュアル作成までしているの?

 

というところの話をしていきたいと思います。

まずFacebookに関してです。

 

僕のFacebookの利用方法はブランディングです。

全世界に向けて、「茂呂史生」とはどんな人だということを発信しています。

 

何のために?

 

ビジネスのためです。

 

僕のビジネスはリアルでのビジネス展開に加えリストマーケティングです。

 

実際にリアルでつながっている方もいれば、オンライン上だけの知人も多いです。

ですので

 

リアル→オンライン

オンライン→リアル

 

という二つの流れがあります。

 

リストマーケティングというのは、現在お読みいただいている
メールマガジンへの誘導というのが主になってきますが
今行っている主は

オンライン→リアル

の繋がりです。

 

ですので、Facebookで知り合った方とも機会があればお会いしています。

 

実際にそこからビジネス展開していくことも少なくないからです。

 

例えば、今弊社で作成している新商品はFacebookからのつながりが発展しました。

 

たかがFacebook、されどFacebookです。

 

ではなぜ、そのようなことが起こるのか?

ということですが、僕が仮に何も考えずに片っ端から友達申請をしていたら、こうはなっていなかったと思います。

 

少ししたたかで計算高い嫌な男と思われるかもしれませんが
将来があるターゲットに向けて正確に友達作りをしているから。

 

ということになります。

 

なんでそんなことが出来るの?ということは
特典の戦略でお話ししているのでここでは割愛させていただきますが

そこまで戦略立てて進めてきたことをすべてツールにも反映させてきましたので、これからは自動で出来るようになります。

 

まとめますとFacebookでは

・明確化されたターゲットを絞って友達にしている
・リストマーケティングのリスト取り
・オンライン→リアルの人脈創り
・リアルビジネスの無料の広告効果

ということが出来るようになります。

 

 

最近Facebookでよく見かけるのは
よくわからない自撮りのインチキコンサルタントを除くと

・士業の方
・不動産業の方
・ネットビジネスの方
・リストマーケティング

なんかが積極的に投稿しています。

 

僕の家を建ててくれた工務店の仕入れ先の社長も
上手にFacebookを使われていますね。

最近では趣味が進化してInstagramに写真をアップしまくっていますが・・・
そっちはマネタイズ出来ているかどうかは知りませんw

 

士業の方では、税理士の方が税務の話を記事でアップし続けてブランディングをして、そこからの申し込みが多いということも聞いています。

 

リストマーケティングというのは、プッシュ出来る媒体へ誘導するものです。
メールマガジンの読者様を集めたり、最近ではLINE@へ誘導する方も多くなってきました。

Facebookやブログというのは待ちの媒体です。
Facebookは強制的に表示させることも出来なくはないですが
Facebook自体を見てもらわないとどうしようもないので
やはり待ちの媒体になります。

 

メールマガジンやLINE@というのは、こちらから送ることが出来ますので
プッシュすることが出来ます。

 

同じ、無料の広告と言っても性質が違います。
もちろん、無理やり登録させたところで何の意味もありませんので
そこでブランディングが重要になってきて、

 

Facebookでfan化

そこからのリストマーケティングになるわけです。

 

やはり、そのFacebook、ブログでのブランディングからの
リストマーケティングで成功されている方は師匠の三浦さんです。

 

毎日数十件のリストは入り続け
ついに年商が、、、、

おっと、ここは控えさせていただきますが
雲の上の存在とご理解いただけましたらと思います。

 

つまり、Facebookを攻略してブランディング化出来れば
月に数百万数千万円のマネタイズも夢ではないということです。

 

後を追いかけている方は、是非この機会にFacebookにもっと力を入れていただきたいと思っております。

僕はツールで後押しをさせていただこうと思っております。

 

と言いますか、無料の時に使い倒して価値あるものかどうか確認してください。

 

 

InstagramとTwitterに関しては、話が長くなってしまいましたので
明日お話しさせていただこうと思います。

 

 

ではでは。

 

 

PS.
追加特典を明日発表します。




茂呂史生メールマガジン