経費という思考をインストールしましょう。

 

明日までのご紹介。

今日合わせて二日となりましたが、本日も全力でご紹介させていただきます!

 

→ SNS-Strike

 

こんなメッセージをいただきました。

ーーーーーーーーー

茂呂さん

お世話になっております。Aと申します。

茂呂さんが今販売しているツールを検討しているのですが
まだ月に1万円を出すだけの売り上げがありません。

従いまして、現時点で月額料金をお支払いすることが出来ないので
大変興味はあるのですが今回は見合わせようと思います。

ただ、とても興味がありますので、月額を支払えるように
売り上げが上がるようになったら申し込みをさせていただけませんでしょうか。

ご検討いただけましたら幸いです。

A

ーーーーーーーーー

Aさん。

結論から申し上げますと、茂呂からの特典は明日以降手に入れることは出来ません。

これは、すでにご購入いただいている方がいらっしゃいますし
期間を設けてご紹介させていただいているからです。

 

ただ、Aさんが明日までにもう一度ご検討いただけるよう
本日は少し別の角度からお話をさせていただければと思います。

 

 

現在Aさんがどのようなビジネス形態なのかを存じていないので
勝手な解釈で話をさせていただきます。

仮にAさんがサラリーマンで、これから独立しようとしていたとします。
ちょうど僕がオープンしたカフェみたいなもんですね。

 

サラリーマンも継続しながら新しいビジネスを始める。

僕の場合も複数の事業の中の一つにカフェ事業があります。

 

昨日は思い付きで夜の営業を僕がやっていたりしているので
実際に現場に立つこともあるのですが、基本的には店長に任せています。

 

では、Aさんの考えで出店してみましょう。

準備はご自身のお休みの日に行えば、自分が動くということで
お金の発生はしません。

材料も山へ出向いて自ら気を切り開いて運んできます。

車や高速道路を使うとお金がかかってしまうので
もちろん山からは担ぎ上げて軽く小走りで持ってきます。
歩いていたら時間がかかってしまいますもんね。

 

そして、出店する予定の場所は大家さんとひたすら交渉をして
工事中は無料にしてもらいます。

手作業で一つ一つ行いますので、半年か1年は工事期間がかかるでしょう。

でも、高齢の大家さんをうまく丸め込んで
営業開始するまで家賃の支払いはしなくてよいという交渉をしましょう。

 

さぁ、ここまでくれば、売り上げを上げるまでお金をかけずにたどり着けるかもしれません。

 

しかし、最後に大きな壁が立ちはだかっております。

そうです。

何とか工事を終わらせるまではすべて自分の力と周りの協力で
ここまでお金を一切かけずにたどり着くことが出来ました。

 

ですが、、、

 

サラリーマンをしているAさんは店に立つことが出来ません。

お休みの日だけオープンをしても良いですが、それだとなかなか売り上げも立ちづらいですよね。

 

ですので、僕のところでは専業の社員を一人雇いました。
いわゆる店長さんです。

 

店長さんはとてもテキパキ動いてくれる方なので
準備もバイト管理も全部やってくれています。

 

でもですよ、、、

売り上げが立つ前から雇用しているんです。

 

僕はAさんのように山に木を切りに行く時間もなければ
小走りで持ってくるだけの体力もありません。

それほど無駄な時間の使い方はないと思いますので
恐らくそこもトラックを使ってしまうと思います。

でもですよ、、、

 

売り上げが立つ前に交通費やトラックのレンタル費用を使ってしまうことになるんです。
さらに言うと、僕が切りに行く時間もないので誰かに依頼することになります。

すると、もっとお金を使ってしまいます。

 

Aさんはどちらを選びますか?
やはりお休みの日に自分がお店に立つ時だけ開店しますか?

一生懸命運んだ木材や石材を並べて作った素敵なお店を。

 

 

はい、ここまでお話しさせていただきましたので
Aさんにもご理解いただけたかと思います。

 

たしかにAさんの考えは間違えていないです。

現に、僕も売り上げが立つ前にお金をかけることには
最初は抵抗があったというか、自信もなかったのでかけられませんでした。

 

でもですね、それではビジネスは成り立たないということを
会社を経営する中で理解していったのです。

 

自分が動けないから人を使うということではなく
必要なところに経費をかけるという考え方です。

 

 

それは、決して無謀なムダ金ではなくて
計画的かつ戦略的な稼ぐために使うお金なのです。

 

つまり、生きたお金ということになります。

 

現に、Aさんも今回の月額ツールは見合わせようという考えを持ったかもしれませんが、副業やビジネスに取り組むに当たって先行投資していることってありませんか?

例えば教材や書籍。

 

それって、稼ぐために必要な知識を得るために
稼ぐ前から先にかけた経費ですよね。

 

僕が店長に働いていただいているのは
僕の代わりをしてもらうわけではなくて、僕が出来ないこと(技術的にも知識的にも)を出来る人にお願いしている。ということなんですね。

 

つまり、これも稼ぐために先にお金をかけている必要経費ですよね。

 

だって、自分で全部やるよりもより優れた人にお金を払ってお願いするわけですから。

 

もっというと、たぶんAさんが一生懸命自分で作ったお店よりも
大工さんが作ってくれた僕の店のほうが立派なものになります。

長い目で見ると、メンテナンスが行き届かなくなったAさんのお店は
そこら中にほころびが出てきて、修復しきれなくなっているでしょう。

 

つまり、経費というのはそういう考え方で
稼いだお金をどこか別のことに使うということではないのです。

 

必要なだけ稼ぐためにかけるお金を経費というのです。

 

わかりやすく例えると、売れるか売れないかなんてわからないけど
アイドルを目指す少女たちがダンスやボイストレーニングにお金を投資するのと同じです。

それは、「売れるため」にやるんですよね。

 

このツールも、SNSで集客出来るか出来ないかわからないから導入しないのではなく

 

「SNSを使ってマネタイズするため」に導入するものなのです。

 

そのための経費が月に1万円未満で導入できると考えたら
正直、導入しない理由がわかりません。

 

そもそも、立ちあげたばかりの自営業なら理解できますが
それ以外で月に1万円の経費をかけることが出来ない事業って
そもそも事業として成立しているのかと疑ってしまうほどです。

 

適切な経費をかけるということを考えてみていただけたらと思います。

 

Aさん、ご連絡いただきありがとうございました。

是非、SNSでマネタイズするために今経費をかけていきましょう。

 

 

PS.

これって、お金が貯まったら買います理論と似ているなと思います。

 

確かに、人からお金を借りたりして物を買うのは
嗜好品であればあまり良いことではないかもしれません。

 

でもですよ、例えば車を欲しいとして
お金が貯まってから買いますっていう考えだとしたら
色々なこと損しますよ。

 

ローンで購入すると今すぐ手に入り
月々の支払+ちょっとの金利が乗るだけです。

 

この支払いを月々貯める予定のお金に充てておけば
今すぐに欲しい車が手に入るのです。

 

が、貯めてからだと貯めている期間は当然車はありません。

しかも、その期間にお金がたまる保証もありません。

 

であれば、買ってから考えましょうというのが僕の考えです。
安易ですがw

 

現に僕はそれで20歳を目前にしてアメ車の真っ白コンバーチブルを手に入れています。

貯まってから購入するだとしたら学生も終わり、社会人になってからの購入になっていたことでしょう。

 

そうしたら、運転席以外全員女性という夢のような時間を過ごすことも出来ませんでした。

 

はい、それはただのアッシーだという突っ込みは散々されましたので
もういりません。

 

いらないよ!絶対だぞ!

 

→ SNS-Strike

 

 

特典はこちら

→ SNS-Strike特典ページ『sales-strike』




茂呂史生メールマガジン