毎日86400円差し上げます。

 

なんとも怪しい感じの入り方ですが、、、、

是非ともご意見をいただきたく、本日はご連絡しております。

 

明日の朝から毎日、あなたの講座へ86,400円振り込ませていただきます。

 

何に使いますか?

是非、教えていただけたらと思います。

 

ただし、条件が一つだけあります。

 

その86,400円はお振込みさせていただいた時点から
24時間で消滅します。

つまり、1日しかその期限はないということです。

 

ただし、確実に、全員に平等に決まった時間に86,400円を振り込みさせていただきます。

 

使い切れない場合は、引き出していただいて構いません。

 

そうしたら、毎日86,400円を使い切りますか?

毎日、時間になる前に使い切れなかった分は引き出しますか?

 

僕は間違いなくそうします。

 

ですし、きっとそうしますよね。

 

私達は、一人一人が同じ様な銀行を持っています。

 

それは「時間」の口座です。

 

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日には繰り越されません。
それは、貸し越す事もできません。

 

毎日あなたの為に新しい時間の口座が開かれます。

そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。
もしあなたが、その日のうちに預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失った事になります。

 

過去にさかのぼることはできません。
あなたは、今日与えられた預金の中から今を生きなければなりません。
だから、与えられた時間に最大限の投資をする事に価値があるのです。
そしてそこから、健康、幸せ、成功の為に最大のものを引き出すのです。
時計の針は走り続けています。

 

あなたが、待ってくれと言っても待ってはくれません。
今日という日に、最大の努力をしましょう。

 

1年の価値を理解するには、落第した浪人学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週間雑誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人達に聞いてみるといいでしょう。
1分の価値を理解するには、ちょうど電車を乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。
1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避ける事のできた人に聞いてみるといいでしょう。
0.1秒の価値を理解するには、オリンピックで銀メダルに終わった人に聞いてみるといいでしょう。

 

人によって、時間の価値観は違います。

しかし1秒はみんな同じ1秒です。
「一瞬一瞬」を大切にすることが、あなたに変化をもたらすでしょう。
あなたが持っている1秒は、どれだけ価値がありますか。

1ヶ月前のあなたと、今に変化はありますか?
1年前のあなたと、今に変化はありますか?
5年前のあなたと、今に変化はありますか?

変化がないのなら、もう一度時間に対する考え方を見直してみるべきです。
そして、時間は誰も待ってはくれないことを理解しましょう。
昨日あった86,400秒は、もう過ぎ去りました。
どんなことがあっても、戻ってくることはありません。
明日はまだあなたのものではありません。
今日、あなたに与えられた時間で、明日に繋がる最大限の物を作り出そう。
今の自分は過去の時間をどのように使ってきたかという結果。

時間は何より大切だ。

 

 

なんていう話を聞いたことがあるでしょう。

耳にタコが出来るほど、こういった話は聞いてきたでしょう。

 

これ、途中からある方の言葉を引用させてもらっています。

 

ですので、どこかで聞いたことがある気がした方もいたかもしれませんし

こういったことは、何を言うかではなく誰が言うかですから
同じに多様な内容でも、聞いた方が違えばとらえ方も違うでしょう。

 

 

で、今日はなぜ、この話から入ったのかというと
啓発系は耳タコだぜ!うぜーー!!!

 

って話ではなく、まさにその通りだな~と思っているので
是非ともご理解いただきたく書いております。

 

ちょうど先日、二つの重要な会議があったのですが

 

一つが、福祉企業の管理者会議。
拠点が5か所、事業が7つありますので
9名が集まる会議なのですが、それが午前中4時間。

 

午後は黒船の経営会議。
最近では、黒船の周辺企業?っていうのかな
グループではないんですが、それに近い形の経営になってきているので
黒船役員+そこの社員が参加する形になってきているので
こちらも7名。

 

規模感は違えど、経営会議の連続だったので精神がすり減った一日なわけですが
そこで感じたのが、まさにこの今日の話の

 

「時間」

 

に関することだったんですよね。

 

福祉企業では3月に放課後等デイサービスを新規でオープンしました。
続いて4月には就労継続支援事業所B型をオープンする予定で準備をしています。

 

黒船でも新しい事業部を立ち上げているところですので
まもなくご案内できるかと思うのですが、卸事業部を立ち上げています。
他にも立ち上げていますが、僕が濃くかかわるのはこの事業部です。

 

あとは福祉系でいうと、教育動画を作成する予定で動いていたり
とあるアプリを開発していたり。

 

もっというと、物販の別法人ではオリジナル商品の開発をしていたりしますので、正直時間がどれだけあっても足りないという状況です。

出来ることなら、86,400秒間で余っている方がいたら買い取りたいくらいです。

 

 

という、忙しい自慢を今日はするのではありません。

ご期待していただいたのにすいません。

 

 

ではなくてですね、その会議で従業員のみなさんが感じていることに関して、私がアドバイスといいますか、こうしてほしいと発言したことを今日のお話とさせていただけたらと思います。

 

それではさっそく行ってみましょう!

 

 

3月と4月に続けてオープンということで、急ピッチで準備を進めてきましたが、以前ブログでも茂呂のイラつきをただ愚痴らせていただきましたことも記憶に新しいかと思いますが(笑)

 

あのあと、ただの愚痴じゃねーか!と数々、多方面の方々あからご連絡をいただきました。ご迷惑をおかけいたしました。

 

それは置いておいて、、、

 

福祉企業、黒船も新規事業を立ち上げているところです。

すると、人員含め計画を作っていくわけですが
どうしても役員が考える進行と、従業員の進行には差異が生じます。

 

それは致し方のないことで、私たち経営者の思考と従業員は全く別ですからね。

 

思考というか、仕事ですね。

 

私たち経営者は、会社が未来永劫続くためにあらゆる仕事をします。

が、従業員は与えられたことを責任もって行うってことですからね。

 

話が逸れそうなので戻しますが、
すると、与えられた時間の中で与えられた仕事を責任もってするわけですが
どこまで出来るのか?ってことは個人差が出てくるわけです。

 

個人事業主であれば、どれだけ出来るかということが収入に直結してくるわけですので、仕事が早い遅いということをより考えるでしょうし、効率化ということも考えると思います。

 

ちょうど効率化についての記事も書いていました。
というか、イライラしていた記事と同じときに書いていたなんて・・・

計算づくしです。
→ 『ちょっと今から会社やめてくる。』

 

午前の会議でこんなやり取りがありました。

 

「根本、立ち上げの段階で会議が足りないので、週に二度は会議をするよう日程調整して、報告してください。」

と、私から指示しました。
日程が決まっていないので、私も参加するためのスケジュールを組めなかったからです。

それに対して、

「各自が準備を進めているので、なかなか時間が合わないんです。休憩もなかなか取れずに動いていますし、、、」

という管理者からの返答が来ました。

 

それはわかります。
各自が準備を進めているので、営業に出ていることもあれば
役所へ書類の提出に行ったり、物件の打ち合わせをしたりと
各それぞれが動いていますから、なかなか時間を合わせるのは難しいでしょう。

 

「でも、お昼ごはんを一緒に食べてたりしますよね?ランチミーティングならできますよね。」

「それだと、さらに休憩が取れなくなります・・・」

「いえ、それぞれが休憩を取る工夫をしてください。お昼に取らなければいけないというルールはないので。」

 

といったやり取り。

 

従業員のみなさんがさぼっているとは思っていません。
ですし、一生懸命仕事していただいているのはわかっています。

 

でも、効率が悪いと思ったんです。

 

それだけ一生懸命それぞれが動いているのに、効率が悪いというだけで
進まないことが多くなってくる。

さらに言うと、優先順位の問題で、会議が最優先だと私は指摘しているんですが、そこがおざなりになっているがために情報共有が遅れ、さらに効率を下げてしまっているということになっていると感じたのです。

 

ですので、会議最優先で行うよう指示を出し直しました。

 

その話をした午後、黒船の会議でも優先順位の話になり
そういう日なんだとつくづく感じました。

 

これまでのルーティン作業に加えて新規事業の立ち上げをするわけですから
更に忙しくなりますよね。

 

 

すると、、、

 

ただ、時間がないという結論に至ってしまうのは危険な思考です。

 

 

優先順位を再確認して、振り分けをしていきます。

・重要で緊急性が高い
・重要だけど緊急性はない
・重要じゃないけど緊急
・重要じゃないし緊急じゃない

と仕分けをしていくことが出来ます。

 

そうして、タスク管理をしていくんですね。

事業として重要なのはキャッシュを生むか生まないかですかね。

 

商売として今やるべきか否か。

 

これを考えよう。
というのが黒船の会議で行われた内容です。

 

今、自分が何に一日の時間を使っていて
その行動がもたらす結果がどのようになるのか。

そして、目標の着地点に向けて動くために
どのように時間を捻出していくのか。

 

 

それをどうにかしようとすることが大事。

 

ということだと思うのです。

 

 

時間はすべての人に平等です。

 

でも、それを嘆いているだけでは何も前には進まないんです。

 

 

てな話をすると、睡眠時間を削って頑張ります!

的な思考になってしまうのも、またそれはそれで危険だと思います。

 

私は起業したての頃は、その思考に陥りました。

 

遮二無二なって、暗闇の中を駆け抜けるしかありませんでしたから。

 

 

右も左もわからないどころか、自分が今どこにいるのかもわからない状況で、どこに進んでいるかもわからないけど、とにかく進まなければ何もならない。

光の方向もわからず、いうなれば運任せ。

 

 

朝から朝まで働いていました。

 

おかげさまで、順調に体を壊しました(笑)

 

個人事業主ならば、一度は死ぬ気でそういう行動を取らなければいけないとは思います。

圧倒的な努力しか突破できないことは、世の中にたくさんあると思っていますし。

 

 

でも、その中でも、時間の使い方ということを意識しておかないと
ドツボにはまってどっぴんしゃんになりまっせ!

 

という、自分へ向けての再認識の内容となりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

PS.

私自身も、この時間の使い方というのは常に課題です。

人生は一度しかない。

 

頭ではわかっていても、そのために毎日全力で生きているか?

 

ふと振り返ると、そんなことないなーとか思う時もあります。

 

人に流されて、自分の意思もなく
ただ何となく生きていた。ただなんとなく楽しそうなほうへ流されていた。

そんな時期ももちろんありました。

 

今でこそ、ビジネスおたくというか仕事をしていないと生きてられない的な感じの仕事になっておりますが、ライフワークと言えばかっこいいですが、そんな感じの人生です。

 

おかげさまで起業脳になっていますので
24時間365日仕事のことを考えている思考になっていますし
嫌なことは極力しないでも生きていけますのでストレスもそうそうないです。

 

でも、かといって、今が最高か?と問われれば
まだまだ上に行きたいという上昇志向もありますし
もっともっと知らないことを知りたいという知的欲求もあります。

 

なので、この時間の使い方はもっともっと考えなければ
圧倒的に時間が足りないという答えにたどり着いてしまいます。

 

もっと楽しいことを。一度きりの人生だから!

そのために意識することをもっと意識する!

 

ということですね!

 

では、今日はモロズバーを開催しているので
カフェへ行ってまいります。

 

ではでは!




茂呂史生メールマガジン