親より10倍稼ぐ方法。

 

本日は引用から入らせてください。

堀江貴文:社会「親より10倍稼ぐ方法」前編【私立スマホ中学】

 

まぁ、タイトルは過激ですが内容は納得の話ですので
一度聞いてみていただけたらと思っております。

 

親より10倍稼ぐ方法なんて、是非我が家の息子にも
軽く超えていってもらいたいと思っています。

とはいえ、親は心配だから資産残すために頭悩ませていたりしますけどね。

我が家の息子は今5歳ですが、年間110万円までなら
無税で相続をすることが出来ることはご存知ですか?

 

もちろん、年間110万円を生前贈与できるゆとりがあるか?
という問題はありますが、でも少なからず親としては子供のために残しますよね。

 

例えば、月に2万円をこども名義で積み立ててあげたとして
5歳から40歳まで積み立てると840万円になります。

今時の銀行は金利はないようなものなので、そのままの金額だとします。

 

するとどうでしょう。

 

毎年、無税の範囲で相続していたはずなのに、条件を満たさないと
一括贈与だということになり840万円の10%の相続税がかかってくるわけです。

84万円もの税金ですよ。

 

もちろん、納税の義務がありますから、税金は納めるべきです。

 

すでに今年も確定申告で追加納税を完了させています。

 

毎年追加納税が発生するので、この時期は大嫌いです。
会社の決算とも重なるので・・・出るお金が多すぎて胃が痛い時期です。

もうね、毎年この会社大丈夫かな?というくらいお金が出ていきます。

おっと、その話はまた別の機会にでも。

 

話が逸れますので戻しますが

計画通りに、生前贈与をしていたはずなのに
国はその証明をしろと難癖をつけて年貢を納めさせようとします。

 

怖いですね~。恐ろしいですね~。

この国はヤ〇ザよりも怖いですからね~。

 

お金を残すという意味では
自分の老後のためにお金を残しておく方法と
こどもに残すための貯蓄は同じです。

どちらもお金で、どちらも貯蓄です。

 

ですが、税収がこんなにも違うのです。

 

 

自分の老後のために残して、自分で使い切れば特に徴収される税金はありません。

なんか、貯金にもかかる資産税が導入されるとか騒がれていますが
そうならない限りは、特にないです。

 

これが、予定よりも早く亡くなってしまったり
こどもに予定通り残してあげたりすると相続税がかかってきます。

 

年間110万までは無税のはずなのに、その通りにしていたら
毎年ちゃんと積み立てていても「通帳の記帳だけ」ではダメなんです。

 

ということで、これはもしも同じ条件をされている方のために
僕が今持っている知識をちゃんとお教えしておこうと思います。

 

題して

こどもに生前贈与するための3つの決まり。

・毎年子供と契約書を取り交わす
恐らくと言いますか、絶対と言いますか、、、

こどもと生前贈与の契約を毎年交わしている方は
すでに知識をお持ちの方だけですよね。

当然、僕もこの知識はありませんでしたから
そんなことは今まではしていませんでした。

 

ですが、今年から取り交わしていきたいと思います。

その際に注意しなければいけないのが
印鑑を親と子で分けなければいけないこと。

 

これは、実は契約書だけではなく通帳もです。

 

我が家の場合で言いますと、通帳の印鑑は親と同じものを使っていました。

いや、普通使いますよね。子供が5歳で実印とか銀行印とか作りませんてw

 

なので、必ず別のものを使用してくださいね。

 

・子供の口座に振り込む
いやいや、わざわざ振り込みませんてw

はい、我が家でも当然ですが、当たり前のように
預入していました。

それだと、相続である証明にならないそうです。

 

親から子へ、確実に相続された証明とするために
親名義の口座から子名義の口座へ振り込みをして記録を残す必要があるそうです。

 

これ、会社へ代表が借入する際も同じです。

 

社長の長期借入なんかをする場合があると思うのですが
その場合には、現金の移動ではなく、振り込みをして記録を残す必要があります。

 

・貯めている口座に動きを出す
実は、上記二つは意外とやれば出来ると思うんですが
今までの方法を変えるだけですので。

でも、この貯めている口座に動きを出すというのが
結構難しかったりします。

なぜ難しいのかというと、子供が動かさないといけないからです。

 

5歳の息子に今年100万円相続したとします。

「おい、息子よ。100万円相続したから何か買っていいよ。」

「え?じゃぁ仮面ライダーのベルトで!」

 

もう、火を見るよりも明らかで答えが返ってくるでしょう。

 

更には、これが息子が20歳くらいだったらどうでしょう。

すでに息子の講座には年間50万円を相続していたとして15年間
実に750万円の相続するお金が入っていたとしましょう。

 

「息子よ。生前にお前に残したお金に動きを出すために、何かに使ひたまへ。」

「あ?マジ卍?レクサス買おうぜ!ヒャッホー!!」

 

容易に想像がつくわけです。

 

 

出来ることならば、ここで

「父さん。今まで育ててくれてありがとう。僕はそのお金を自己投資に回して、自己成長するようにさらに努力するよ!」

という息子に育ってほしいですが、、、

 

親が管理をして動かしてはいけないというのは
非常に高いハードルなのではないかと思っているわけです。

 

 

さて、そこでこれを実現するのがこちらの保険。

今日ご紹介するのは、保険と言いますか、この相続されたお金を
貯金し直すというイメージで保険に入っていただくと
お子様が受け取られる額が180%になるというもの。

一番のメリットは、相続されたお金で
毎年相続したお金に動きが出るので承認されるようになるということです!

 

ご興味のある方はこちら→

 

という形で、本日保険の営業を受けてまいりました。

 

まぁ、でも本当に生前贈与に関しては考えていることですし
実行していることでもありますので、保険は検討していきたいと思います。

本当に興味ある方は連絡いただけましたら紹介しますよ。

 

と、親の気持ちを話しすぎましたが、本日の本題に参りましょう!

 

親よりも10倍稼ぐ方法ですね。

 

動画をご覧になっていたければホリエモンが答えを言っていますから
特にここではお話ししないのですが、少しだけ気になったのが
冒頭の少年の親の年収のくだりです。

 

年収600万円は日本の平均年収よりは上です。
なので、リッチだねとホリエモンが言った時の少年の態度が

 

いや、やっぱりもう少し低いかもっていう感じ。

 

何が言いたいのかというと、日本人って人より稼いでいることが
悪いって子供のころから思っている典型だなと思ったんです。

 

なんつーか、戦後に日本は横並びの教育を洗脳されましたから
人より秀でることが「悪い」って思っている人が多いんですよ。

 

下はみんなで支えよう。上に行くのは控えよう。

 

これ、恐ろしくないですか?
日本が衰退していくのは、こういったところが仕掛けられているということに
日本人が気が付かなければいけないということですね。

 

っと、さらに話が逸れそうなので戻します。

 

 

やはり僕が気になるのはそこでだけではなく
最初の問題。

〇〇と〇〇で常に最先端の情報に触れよう。

 

です。

 

ホリエモンが収録中にスマホをいじっていて物議をかもしているのは
よくある話ですが、やはり情報に触れ続ける努力をすることですね。

 

特に、ネットやSNSでは最先端の情報があふれかえっています。
その情報に触れ続けることが大事ということですね。

 

 

という話を聞いていかがでしょうか?

最先端の情報?って

 

ネットでというのはわかると思います。

今時は、テレビのニュースよりもネットニュースのほうが圧倒的に早いですし
そういう意味では、最先端の情報にネットで触れるというのはわかります。

 

では、SNSって?

SNSってリアル充実をアピールするところじゃないの?
ってことなんですが、そうではなくて

 

リアルな情報がゴロゴロ転がっているということなんですよね。

 

例えば、こんな経験はありませんか?

ネットで観たことがある動画が、テレビのおもしろ動画特集で放送されていた。

 

SNSの拡散力というのは非常にすごいです。

 

なので、最近ではテレビよりも先にネットで触れることのほうが多くなりましたよね。

 

でもその拡散というのは、本当に面白いというリアルなユーザーの声でもあるということです。

面白くもない、興味のないものをわざわざシェアする人はいませんよね。

 

つまり、ユーザーのリアルな意見がSNSには転がっている
宝の宝庫だということです。

 

それと同様に、時代の流れだったり年代別の意見だったりということも垣間見ることが出来ると思っています。

 

 

なので、SNSで最新の情報に触れるわけです。

 

SNSを眺めているだけで仕事しているつもりになってしまうので
SNSを観ないようにしています!なんて人もたまにおりますが

 

SNSを観ているだけで仕事になっちゃってます!

ってなるくらい観まくって触れまくって吸収しまくれるようになると良いですね。

 

 

そして、ホリエモンも著書で話をしていますが
このSNSをいかに上手に利用できるかということが今後のキモになってくる。

 

この拡散を上手に仕掛けることが出来たら?

それがうまくいっている例もたくさんありますよね。

 

インスタ映えなんていうKOTOBAが生まれたのも
こういったことからだと思っています。

 

と、いうことで先日紹介させていただいていたSNS-Strikeを
徹底的に利用して、この拡散の流れを作れるようになりたいと思います。

 

実は僕はネットビジネスに参入して初めて取り組んだネットビジネスは
Twitterアフィリエイトです。

 

当時、1か月で6000円も稼いでしまうことが出来て驚愕したことを思い出しました。

 

なかなか時間のない中で手を付けられていないのですが
SNSの攻略は世界を制す!by茂呂
ということで、今後も目を離さずに行こうと思います!




茂呂史生メールマガジン