やっててよかったなーと思う瞬間

 

今日は、僕のところの施設の卒業式でした。

ずいぶん、花粉が飛んでいたのか、花粉症でもないのに
鼻は出るわ涙が出るわで、なんて日だ!って感じでした。

 

僕はとくに用意して何かするというわけではなかったのですが
久しぶりに動画の編集を手伝ったり、コメント撮影でかなり頑張ったりと
自分なりには頑張れたのではないかと思っています。

優秀な社員様様でございます。

 

というか、、、

修了証書授与とか、代表挨拶とかあるのに
何を考えたのか、普段着で行ってしまうという、、、

 

いや、言い訳なんですけどね
昨日は夜中まで動画編集をしていたり、その動画をPCで再生したかったのですが
設備確認していなかったのでDVDでも再生できるように
DVDに焼いていたりしていたのでかなりお疲れだったんですよ。

 

さらに言うと、朝から毎週土曜日はいつもの10年間通い続けている
お宅へお仕事に行っていたものですから・・・

 

でも、予想通りPCは接続できましたが音が接続できず
DVDに焼いておいて良かったですよ!

経験が生きましたね。

 

僕の経験上、公民館のホールっていうのは
DVDとかLDとかが使えるようになってて
PCの接続に疎かったりするんですよね。

大掛かりな設備が整っているわりには。

 

なので、無事映像は上映することが出来たので
プラスマイナスゼロということで。

 

いや、本当に良くないので気を付けます。

なんていうか、社長ならなんでも許されるみたいな。
許されてないけど。

 

と、そんな言い訳なのかなんなのかわからない話は置いておいて。。。

 

 

強めの花粉に鼻をやられ、涙を垂れ流しながら感じたことを
今日のテーマとさせていただけたらと思います。

 

 

満足感っていうか、幸福感っていうか、そんな話になりますので
よろしくお願いします。

 

これは達成感とはちょっと違うと思っていて
目標を達成できることが出来たときは、達成感を得ると思います。

 

それが、想定よりも高い目標を達成した時なんかは
かなり爽快に感じますよね。

 

僕もBEC3期のアフィリエイトの際は、終わった瞬間に
かなりの達成感を感じながら、販売最終日のセミナーセールス後
中華料理屋さんで豪快に飯を食っていたことを思い出します。

 

でも、それは幸福感とはちょっと違うんです。
満足感ともちょっと違うと思うんです。

 

ちょっと、そっち系の話になってしまうかもしれませんが
それって、幸せの定義に近いのではないかと思っています。

 

幸せっていつ感じますか?ってことなんですけど
絶対に未来を想像して感じることはないと思うんです。

 

なんていうか、今より以前と言いますか。

 

過去に行ってきたことに対して
振り返ってみると幸せだったなって感じるものだと思うのです。

考えてみると、「あ、今幸せだわ」みたいな。

 

うまく伝わっているかわからないのですが

 

 

過去に行ってきたことに関して、その時って幸せだったよな
というか。

別に後ろ向きなことを言っているわけでもなく
過去を憂いているわけでもなく

 

幸せってそういうものだと僕は定義しているんです。

 

そして、その幸せをより感じるのって
自分が何かをしたというよりは、自分が何かをしたことに対して

 

なんだかんだ、やっぱり感謝されたときというか
喜んでくれている人の顔を見たときかなと思うわけです。

 

さらに言うと感謝って、過去に行ったことに対してしか起こらないと思うんです。

 

それがまさに今日だったわけなんですけど。

 

今日卒業式だった施設は、3年前に出した施設なんですけど
4か所目の拠点ということもあって、物件を購入して
かなりの改修費用をかけて出した施設なんです。

 

回収する気全くない、周りの同業者からは変人扱いされる感じのw

 

内装に徹底的にこだわって「空気にまでこだわりました」というコンセプトで出した施設なんです。

 

正直、エゴが強いと自分では思っていました。

 

が、通ってくださる方々には大変喜ばれて
職員にもとても喜ばれています。

ただキレイというわけではなく、本当に空気にまでこだわった施設なんですね。

詳細は長くなるので、空気にまでこだわっていると覚えていただけましたら。

 

今となっては、職員間の雰囲気もお客様からの評価も
一番良いのではないかと思っています。(今日の感動の色目も追加してw)

 

商売としては、正直コストをかけすぎているので
良いか悪いかと言われれば、それほど良くはありません。

 

でも、本当にやってて良かったなーと思いました。

 

あの時に決断をして出していなかったら、今日はなかったわけですし
コストを考えた適当な施設づくりをしていたら、それまた今日はなかったわけですし

この3年間の感謝(僕から職員へ、お客様から職員へ)が
今日のこの満足感というか、幸福感に包まれた時間を共有することが出来たんだと思っております。

 

そして、このような時間を作ることが出来たこと。

本当に誇りに思います。

 

 

なっかなか、仕事をしていてこういう時間を作り出せることって少ないと思います。

僕自身も、早々ないです。

 

毎日、時間に追われながら生きていますし
今日だって終わり次第事務所に戻って必死こいて仕事していますし

複数のプロジェクトが動いているので頭の中は常にパンク状態ですし。

 

サラリーマン副業で働かれている方なんて、もっと時間に追われているだろうし
頭の中はパンパンだと思います。

 

でも、どこか節目というか、こうして自分が行ってきたこと
ビジネス然りプライベート然り、振り返ってみると

本当の満足感や幸福感というのは、すでに感じているものだったりするかもしれませんよって話でした。

 

 

そして、そうしたことを感じると、さらにまた意欲が増すってもんだと思います。

 

ここ最近、新規事業の準備が遅れていたり、決算月ということがあったり
期末手当がものすごい数字で胃がキリキリしたりと
あまり良いことづくめではありませんでしたが、今日卒業式に参加して
なんていうか、心が洗われたって感じです。

 

心に余裕がなかったり、時間に追われまくっている時だからこそ
ちょっとゆっくり時間をかけて、後ろを振り返ってみるということも
時には重要なのかもしれませんね。




茂呂史生メールマガジン