僕が物販に拘る3つのワケ。

 

いよいよ開始させていただくクラウドファンディングでの
新たなチャレンジがこちらになります。

→ 高級コンフィチュールブランド『BelBerry』日本上陸先行販売

 

商品にもご興味お持ちいただけましたら幸いです。
また本日は、このクラウドファンディングへたどり着いた経緯まで
お話し出来ましたらと思います。

 

僕が物販に取り組み始めたのは約3年前になります。

 

この業界に足を踏み入れて間もなくのことでした。

 

それまでは、福祉一筋で起業して以来、福祉企業だけを
必死に経営してきました。

といいますか、経営なんて出来ていなくて
なんていうか、ただ目の前のことに必死に取り組んでいた。

 

いや、今思えば、それは全然間違ったことではなく
僕にできる最善のことだったと思っています。

 

 

今周りを見渡せば、起業家だなんて名乗っている割には
当時の僕よりも全然必死じゃなく、稼げないんではなく
稼ぐ気がない連中がゴロゴロいます。

 

おかしな話ですが、体の一つや二つ犠牲にしないと
時にはそれくらい必死にならないといけない時ってあると思うんです。

それをせずに、稼げない!ノウハウが悪い!時間がない!と
嘆いている人があまりにも多いと思う今日この頃。

 

と、全く話が逸れそうなので戻します。

 

 

当時、会計なんてものもそれほど見ることもなく
年度末に税理士さんと相談して従業員の賞与を決めて
納税するお金があるかの確認くらいしかしていませんでした。

今も大して変わりませんが(笑)

 

つまり、何が言いたいのかというと

「稼ぐ」ということをそれほど意識していなかったということです。

 

 

僕は、起業して稼ぐぞ!という動機で起業したわけではなく
やらなくてはならない状況で起業したというほうが正しいので
とにかく必死で「倒産しない」ためだけに動いていました。

 

福祉企業だから奉仕のために働く!とかそういうことは思っていませんが
でも、この企業をどでかくして稼ぎまくって贅沢するぞ!という物欲的なものも少なかったというのは事実です。

 

そこでこの業界に入ってきて、周りに稼ぎたい人が集まってくることによって
僕の意識はだいぶ変わってきました。稼ぐということに対して。

 

それは、稼いで一生遊んで暮らすぞ!ということではなく

 

 

稼ぐことで広がる世界がある。

 

ということを知ることが出来たことが大きかったと思います。

 

現状維持は退化。

 

現状を維持する、倒産しないようにするだけでは
実は何も進んでいなくて、もっと見える世界を変えるためには
稼ぐことが必要だということを実感することが出来るようになったのも
この業界に足を踏み入れることが出来たからだと、今では思っています。

 

稼ぐことに抵抗がある人も日本人では少なくないですが

でも、やっぱり稼ぐことで広がる世界のほうが圧倒的にお勧めなので
そのマインドは払しょくしちゃいましょうと今では強く言えます。

 

なので、福祉企業以外でも収入の柱を作るべく
色々と模索しました。

 

そこで出会ったのが物販でした。

 

輸入転売がきっかけで物販を知りましたが
これほど再現性が高く、稼ぎやすいノウハウはないと感動しました。

 

これが一つ目の理由です。

輸入物販から始まった物販でしたが
開始3か月目で利益30万円を超えてきました。

 

これは、輸入物販が在庫を持つという特性があるので
資金があればそれだけ有利ということはありますが
僕の場合、それなりに資金を用意することが出来たということが
大きな要因としてありますが、それでも再現性の高いノウハウで
今でも十分に通用するノウハウです。

 

そこからさらに、様々なノウハウに興味を持ち
色々な物販ノウハウを勉強しまくりました。

 

実際に取り組めたのは欧米輸入、中国輸入、韓国輸入、国内転売、メーカー卸販売などなど、日本国内で販売するスキームがほぼほぼすべてなのですが、そうなってくるとただ稼ぐために物販に取り組むというのも、味気なく感じる時がありました。

 

これには、色々理由があるのですが、、、

大きな要因としては、稼ぐために物販をしているわけですが
法人化したことによって、稼ぎの額が大きくなっても個人の収入に変化が出ないということはあったかもしれません。

ん?なんで?って方は、会社役員の報酬の仕組みを調べていただければわかると思います。

 

そうなってくると、やはり基本的に良い人の茂呂は(ん?自分で言うなと)
2つ目

良いものを世の中に届けたい

という思いが芽生え始めました。

 

もちろん、稼ぐためというところは変えられませんし
慈善事業ではないので。

 

ただ、なんていうか、儲かる商品だけを追いかけることだけで
モチベーションを保てなくなったというか、本当に僕がやりたいことはなんだんだろうと考えた結果と言いますか、今まで関わってくれている人たちが必要としているものが提供出来たら、もっと素敵じゃん!と思ったわけです。

 

それまでに、福祉企業では子供に関わる施設を確か二店舗目を出したあたりだったかと思うので、子どもに関わる商品ラインナップにしていこうと決めたんです。

 

さらに言うと、子育て中のお母さん。

 

 

となると、やはり高額でなかなか気軽に買うことが出来ない
知育玩具を取り揃えて、安く仕入れて安く売るって仕組みが出来ないかなと考えて
各メーカーにアタックしていきました。

 

7社ほど契約させていただいて取引させていただくようになりましたが
さらにそこから、オリジナルの商品を作ろうということになりました。

 

それで開発されたのが「グルテンフリーのこどもカレー」です。

 

そして、そこから本当に良いもの探しが始まりました。
なかなか自社ですべての製品を開発することは難しいですから
他社様で本当に良いものを作られているところに交渉をさせていただき
取引をさせていただくようになりました。

 

ウルトラパンケーキミックスのハップ・ビー・ビーさんをはじめ
カフェでも多くの商品を取り扱わせていただいています。

 

 

その中で出会ったのが、今回の「Belberry」でした。

確かに、輸入品なので商品価格としては高給の部類に入ると思いますが
でも、同様の高級コンフィチュールはでは伊勢丹に入っている某店では
2000円を超えるものが多くあります。

 

それが、この価格帯で提供できる。
さらには、1956年に創立された老舗中の老舗で、ベルギーの王室にも
納品されている本物の商品。

当然添加物などは一切使用されておらず、果実も50%超える濃度で使用されているというもの。

 

味、価格、デザインと三拍子そろったこの商品を
日本に広めなくてはという使命感すら感じるほどです。

 

ただ、僕にはそれだけの力がありません。

 

これまでの規模とは全く違った規模になるのも覚悟しております。
ですし、それだけ本気にならなければいけない(今までももちろん本気ですが)
という想いで今回のクラウドファンディングには臨んでいます。

 

日本での販売独占契約をさせていただいているので
この覚悟は本物でございます。

 

すでに第一便は日本に納品されているので(先日握力がなくなったときの納品ですw)

購入の希望もちらほらと頂くようになってきています。
(カフェでは先行して宣伝していたため)

 

是非、この機会にご賞味いただけましたら幸いです。

→ 高級コンフィチュールブランド『BelBerry』日本上陸先行販売



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ