少しずつ付加を負荷を。

 

今日は、久々に人前でお話をする機会をいただきました。

 

黒船主催のオーストラリア輸出塾第一回目の強化セミナーでした。

 

突然のオファーで戸惑いながらも(笑)
30人程の方の前で、目標設定のワークショップを開催しました。

 

普段は少人数でディレクションをさせていただきながら行う
ワークショップなのですが、これだけの大人数だと
時間の関係で全員にディレクションというわけにもいかず、
どちらかと言うと、目標設定の仕方を覚えて帰ってもらうという方向で話をしました。

 

というのと、参加者を知らないので全員知らない人ということもありますし
事前に色々情報をいただこうと宿題も出させていただきました。

 

冒頭、宿題を提出しなかった方を削ぎ落とさせていただきましたが
やっぱり、きちんと宿題を出される方ってすでに成功への階段を上がっている方が多い。

 

というか、個人事業主としてビジネスで結果を出されている方が多かったです。

 

あまり具体的には言えませんが、利益額でも月額数百万出されている方とか
かなりちゃんと取り組んできてくださっていました。

 

セミナーでも話をしましたが、輸出ビジネスに取り組む以上
個人事業主であるという自覚を持たなければいけません。

 

ですし、さらにいうと物販ビジネスなわけですので
納期を守れないって致命的です。

 

自己分析の宿題一つも出せない人が、ビジネスで自分を律して
取り組めるとは到底思えませんので、そのあたりから考え直してください。

 

と、伝えたかったのですが、よくよく考えたら
僕なんかよりもすごい人達で、別に目標設定の面倒なんて見てもらわなくても
自らで結果を出せるから提出しなかったという人もいるでしょうということで
あまり深くは触れず、提出してくださった方と話をすればいいかと切り替えました。

 

それは置いておいて。

 

目標設定をなぜするのか?

 

ということに、負荷をかけるという意味があります。

 

目標は出来るだけ明確に、数値化して取り組んだほうが結果が出やすいです。

 

漠然とした願望より、数値化された目標のほうが取り組みやすいからです。

 

弊社でも、前年度から目標評価制度を導入して
目標に対しての結果を数値化する取り組みを始めたところです。

 

なので、ワークショップでもその作業を皆さんにしていただくわけですが
今日は一人一人の目標を伺うことができなかったのですが
目標というのは、高すぎても低すぎても取り組みづらいです。

 

高すぎれば、絶望ですし
低すぎれば、怠慢です。

 

なので、手が届きそうで届かないくらいというのが妥当なところです。

届いたらラッキーって感じです。

 

 

で、これって実は自分に負荷を掛けていき、付加していくということなんですよね。

 

どういうことかというと、筋トレで考えていただくと分かりやすいかも。

 

毎日毎日、同じバーベルを上げていたとしたら
そのバーベルは上げられるようになるし、回数も増やすことができるようになるでしょう。

 

でも、そのバーベルの重さ止まりです。

 

もっと具体的に言うと

50キロ今日上げたのなら、明日は50.1キロ上げるんです。

 

そうして、自分に負荷を掛けていき、筋肉を付加していくのです。

 

そうすることで、いつの間にか60キロ上げられるようになり70キロ上げられるようになる。

 

今は、70キロを上げるなんて想像もできないけど
目標をそこにあわせて、徐々に負荷を掛ける計画を立てるわけです。

 

 

それがスモールステップ化です。

 

今は70キロを上げることが出来ないから、70キロでトレーニングをすることすら出来ません。

 

が、スモールステップにして計画を立てていくと
0.1キロ負荷を掛けるだけになるわけです。

 

 

そして、このスモールステップを5w1hで考え
確実に実行していくだけです。

 

 

モチベーションが続かない要因の一つとしては
何をしたら良いのかが分からないということが往々にしてあります。

 

指導者が四六時中見守ってくれるわけでもありませんし
ましてや、個人事業主として自立していかなければいけないわけですから
そうなると、自ら考え行動しなければいけません。

 

どれだけ負荷を掛けるのかも、掛けないかも自由です。

 

自由ですが、不自由です。

 

与えられた仕事をするほうが、ハッキリって楽だしやりやすいです。

 

「一生懸命やっている」ということだけで評価されますからね。

 

でも、個人事業主は

 

「一生懸命やって、結果を出す」ことでしか評価されませんから。

 

 

なので、目標というのは舐めちゃいけなくて
更に言うと、その目標を達成する目的も大事だったりします。

 

・東京タワーの見えるマンションに住む
・富士山の近くに別荘
・全身ヴィトン
・ベンツ
・モデルと結婚

↑これ、マネーの虎の安田社長が目的としたものです。

物欲半端ねー!って感じですが、安田社長は幼少期に
毎日お金のことで喧嘩する両親を見ていて、絶対に金持ちになってやる
というモチベーションで東京に出てきたという経緯があります。

だから、わかりやすい物欲、モチベーションですよね。

 

全部手に入れて、墜落したというおまけつきでしたが
今では見事に復活されていますね。

 

 

というように、目的を持って目標を設定する
そして、個人事業主は完全自己責任です。

 

やるもやらないも自分次第。

 

いつ何があるかなんてわかりません。

 

ということで、今日も登壇させていただき自分自身の気付きばかりでした。

 

まだまだ気を引き締めて頑張らないとなと思いました。



    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ