上海旅行と言っても、滞在時間は6時間ほどでしたけど(笑)

 

初中国に上陸してきました。

 

いやー、それにしても普段の旅行はノープランなんですが

現地に行ってから何するか決めるスタイル。

 

でも、さすがに海外となってはそうはいかないでしょう?

 

はい、もちろんノープランでした(笑)

 

さすがに無謀でした(笑)

 

 

でもまあ、生きて帰ってこれたし良しとしましょうか。

 

まずもって、何がダメかというと、、、

 

 

 

 

 

電話もインターネットもつながらない!

 

 

あ、知ってるよって感じですよね。

 

でもですね、意外と海外使えるじゃないですか。

ハワイに行ったときなんて、まったくもって不便しなかったんですよ。

 

なので、そのノリで行ったら痛い目にあいましたw

 

 

さて、まったく情報を調べることも出来ない状態で

言葉も通じない国でどうするか。

 

ネットもつながらないから、Google翻訳も使えないってわけです。

 

 

うーむ。

 

とりあえず、バス停のおばちゃんに聞いてみるか(ジェスチャーで)

 

ということで、聞いてみたんですよ。

 

 

そうしたら、とりあえずバス乗れと言われました(ジェスチャーで)

 

 

こんな感じのルートらしいのですが、さっぱりわからん。

 

とりあえず、高層ビルはスルーして中国っぽいところ行こうと思って

豫園を目指すことにしました。

 

観光バスなので、乗ってるだけでも色々見れて面白いと思いますが

これお得なのは乗り放題なところ。

 

40元で一日乗り放題なので、降りて見て、また乗ってが出来るんですね。

1階しか乗りませんでしたけど(笑)

 

二階建てバスなので、おもしろいですよ。

こんな見晴らし。

 

で、豫園に行きましたけど

ザ・中国って感じでした。

 

完全に映画からの影響で中国をイメージしていますが

まさにそんな感じでした。

 

こんな建物がずらっと。

 

こんな感じで賑やか。

食事もフードコートでばっちり。

ちょっと裏路地に入るとこんな感じ。

 

 

もうね、一日ここで終われますね。

6時間の滞在で3時間くらいいたんじゃないかな。

 

食事をしてお土産を見て風景を楽しむ。

全て網羅しております!!

 

 

そしてそのあとは、人民公園にいこう!と

降りたバス停を探したのですが見つけられず(笑)

 

結局タクシーで移動しました。

 

 

なぜ、人民公園にいったのかというと

完全に天安門広場と勘違いしていました(笑)

 

なんていうか、ただの公園でした。

 

 

天安門広場は北京、、、

 

 

ネットがないとこんなにも情報がなくなるのかと

チビルほど無力さを感じた出来事でした。

 

 

さて、そんな中国滞在記ですが、色々感じることが出来ましたよ。

 

まずは電子マネーですね。

 

豫園でも屋台というか、出店というか

お土産屋さんがたくさん並んでいるわけですが

現金で支払っている中国人はいませんでした。

 

みーんなスマホで決済です。

 

アリペイとかウィーチャットペイですかね。

 

これが本当に進んでいました。

 

なんか、現金で支払っているのが申し訳ないくらい。

 

国を挙げてやっているというのは、こういうことですね。

 

日本でもペイ祭りが勃発しているところですが

キャッシュレス化をしているので

あまり財布を出す機会が少なくなってきました。

 

とはいえ、その割には中国人スナックでは

現金で払えってうるさい気がするけど(余談)

今度、ペイ払い聞いてみよう(笑)

 

 

それと、バイクが超多いし交通ルールが不明(笑)

 

これは、台湾に行った時にも思ったことですが

とにかくバイクは多いですね。

上海の環境問題がニュースでとりだた出されていますが

納得できるって感じでした。(これは後に覆ります)

 

ヘルメットが義務化されていないんだろうと思うので

みーんなノーヘルなんだけど、大丈夫か?というおばあちゃんとかまで

バイクで移動していましたよ。

 

 

でもですね、歩いていて後ろからバイクが来て

 

あぶね!

 

みたいなことが何度もあったのですが

ふと気が付いたのです。

 

 

そう、、、、

 

 

エンジン音がないことに!

 

蚊の飛ぶ音すら聞き逃すことのない僕が

バイクの接近に気が付かずに何度もぶつかりそうになっていたのです。

 

よくよく見ると、大量に走っているバイクがすべて電動なんですよ。

 

いやーびっくりしたなー

 

これも国策でやってるんですかね?

なんせ、すべてのバイクが電動なんですよ。

 

滞在中にエンジン音けたたましく走ってたのは

わずかに1台だけだったかな。

 

それ以外は、本当に静かすぎて危ない!

 

ので、後ろからくるバイクには十分に注意してくださいね。

 

気が付いてからよくよく見ていると、バスも電気だった!

電線見えます?

つまり、バスなんだけど電車です!

レールなかったから、これって運転者の技術が重要ですよね?

すごいなー。そういうの設計しちゃうところすごいなー。

 

日本だったら、安全面がとかでこの企画は通らないだろうなー。

 

なんて思っていました。

 

 

そして面白いのは、正反対の中国っぽい?光景

 

 

映画の世界(笑)

 

外に椅子出して、人が集まってるんです。

 

特に何かしているってわけではないんですが

きっと会話を楽しんでいるんでしょうね。

 

中国語だから喧嘩しているように聞こえたけど

きっと仲良しさんたちなんだろうな~

 

 

あとは、公衆便所の汚さ(笑)

男子トイレはこんな感じ(お食事中の方すいません)

 

目隠しもなければ、台に乗るのか手前からするのかもわかりませんw

 

分からなかったので、とりあえず手前からしましたが、、、

 

 

写真には取れなかったんですが、入り口に事務所があって

人がいるのも驚きました。

 

あれは、何を警備しているんだろうか?

 

あとは、公園入口に水を入れる給水ポイントがあって

人が群がっていました。

 

大きいボトルを持参している人もいれば

小さいペットボトルの人もいました。

 

水道水が飲めないという影響でしょうかね。

 

毎回ペットボトルを購入するのも

旅行者ならよいですけど、住んでいる人には負担になりますもんね。

 

水道水を飲めるようにするという考えよりも

飲める水を配ろうっていう感じでしょうか。

 

それとも、すでに水道水を飲み水にするなんて言うのが

天文学的な可能性になっているくらい汚染されちゃってるのかな、、、

 

事実はわかりませんが、とにかく給水ポイントには

人が群がっていました(笑)

 

 

そんな感じで、6時間の滞在をあっという間に終え

飛行機で帰ってきたのでした。

 

浦東空港からでしたが、フライトが4時間遅れて

街の滞在と飛行場の滞在し感がたいして変わらなかったのも

中国っぽさということで!

 

また、ゆっくりと時間が出来たら行ってみたいなと思いました。

 

中国なんて絶対に行かん!と思ってたけど

行ってみると楽しいこともいっぱいありそうだし

たぶん、見逃していることだらだけだと思うので

次回機会があるときは、ゆっくりと調べてから行こうと思います!

 

天安門広場は北京なので十分にご注意ください。




茂呂史生メールマガジン