img_int01

それでは今日も、笑顔を取り戻すお話をしていきましょう。

昨日はBusiness elite club の月1勉強会へ参加しました。
ゲスト講師はNISHIさん。

元船井総研の現役バリバリ企業コンサルタントの方です。

話の内容はB to Bについてです。

まぁ、あまり企業コンサルについて興味のある方も
少ないとは思いますが、もしあなたが企業コンサルをするなら
というワークも入り、内容としては面白いものでした。

僕もちょうど来月から企業向けの目標評価制度導入コンサルを
始めるところなので、参考になることがたくさんありました。

が、ネガるわけではないのですが、やっぱりコンサルタントって
あまり好きになれません(笑)
※NISHIさんはとても良い人ですので勘違いのないようにw

というのは、もちろんビジネスなので情弱からお金を取るわけなのですが
それをいかにwinwinに感じてもらうかっていう商売なんだというのは
つくづく感じていることなわけですが、なんか社長を馬鹿にされている
気がしてならないわけですw

僕がinfoを学ぼうと思ったきっかけも、やはり最先端を学ぶという
意識を持ったことからでした。

で、目から鱗がたくさんです。

今もinfoにどっぷりなのも、やっぱりそこがあるからだったりします。

僕の場合は、それを使ってコンサルってことにはなりませんが
そこからコンサルタントは情報の卸が始まるわけです。

必要な人へ卸ていくわけですね~

いや、それはわかっているけども
年商2~5億くらいが企業コンサルしやすい
バカな社長とか言われると、超ドキっとするわけですっw

個人コンサルがコンサルできるのはやっぱりそれくらいの
企業レベルなので言っていることはわかるのですが
ターゲットに含まれている人はどきっとしちゃうと思います。

NISHIさんの講義のなかで一番印象に残ったことは

「言い過ぎない」ということ。

僕はここがダメなんですよね~
全部ベラベラ話しちゃう。

どころか、やってあげちゃったりする。

もうコンサルタントの素質0ですw

でも、来月からのことがありますので
しっかりやっていきたいと思います!!

ということで、今日はバクマンについてちょっと話そうかなと。

実はバクマンを大人買いして読んでいるわけですが
情報発信をする人は絶対に読んだ方が良いですよ。

と言われて大人買いしたわけですが、猛烈に
勉強になっているわけです。

と言いますか、漫画をそういう視点で読んだことがなかったので
セリフの強弱や、コマ割り、言い回し、語彙
勉強になることだらけです。

バクマンは文字が多い漫画ななんですが、それを読みやすく
且つ飽きさせない工夫が随所にあるわけです。

例えば、文字の太さ。
これを微妙に変えているんです。

文字はビジュアル

他の漫画をそういう視点で読んでいないので
もしかしたら常識なのかもしれませんが
やっぱり、そこが気になった。

で、誰のセリフかがわかりやすく説明されているんです。
これは読めば意味がわかると思います。

つまり、言葉にこだわった漫画だということが
よく分かるわけです。

是非、情報発信を勉強されたい方は読んでみてください。

で、今日もう一つそこから発展した話を。

そこまで言葉、台詞にこだわった漫画だということは
しっかりと読ませる工夫をしているわけです。

でもって、台詞に対してかなり考えられているということは
大事にしているということだと思うのです。

でね、そういう漫画で誤字があったらどうっすか?

実は、誤字なのか伏線なのかわかってないのですが

蒼樹先生を青木先生と書いている台詞があるんです。

一瞬そのまま読めるんですが、なんか違和感があって
あれなんだ?って思ったら青木と書いてあったんです。
しかも1ヶ所ではなく2ヶ所。

これってどう思いますか?

真実はわかりません。
でも、多分誤字。

でも、そこまで拘っていたものにそういうことがあると
超勘ぐるわけですよ。

え、絶対何かあるんじゃね?って。

それを意図的に仕掛けるのがギミックですよね。

先日三浦さんのメルマガであったのでその事例を。

「さぷらいず プレゼント!!」

言葉にこだわるバクマン同様
KOTOBAに拘る三浦さんですから、普段からタイトルは
超絶考えられているわけです。

タイトルをつけるときに同席したことがあるのですが
。をつけるかどうするかを考えたりするくらい
超拘ってタイトルをつけているんです。

そういう人が「さぷらいず」???

誤字か?え?

と違和感があるわけです。

が、もちろん意図的につけられたタイトルです。

その違和感で開封率を上げるというギミックなわけです。

たくらんでるよね~

とため息が出るわけです。

で、そのメルマガの内容がかとうさんの号外だったわけですが
1発で200近く入っているそうですよ、、、、

ぱねぇ、、、、

今、この業界で号外200入れられる人って
三浦さん以外いないと思います。

っていうか、号外しているような人って数十万リストの
メルマガリストに流しているわけですが、三浦さんは
たしか3000リストとかそんなもんです。

って、10%近く登録する号外って異常でしょう(笑)

今、書いてて改めて異常事態だということを認識するという。

と、ちょっと話が逸れましたが、やはり言葉には拘らないとと
改めてバクマンと三浦さんのメルマガタイトルから学びました。

例えば、過去形。

メルマガって書き置きする場合もあるんですね。

今は19時過ぎに書いているので、結構ギリギリに書いているわけですが
午前中に書くこともあります。

セミナーに参加する際なんかは書けないので
参加する前に書くじゃないですか。

でも、そこで

「セミナーに参加します。」

というのと

「セミナーに参加しています。」

というのとでは、リアルタイム感が違いますよね。

もうちょっと言うと配信されるのが夜の場合に
午前中に書いているのだとしたらリアルタイム感って
どうしたら出るんだろうということを考えた方が良いです。

もちろん、午前中に書いているんだから
~してきます!になるかもしれないけど
受けては夜に終わってるであろうことに
~してきます!と受け取るわけですからね。

ということをまで考えていくと、やっぱりKOTOBAは深い。

バクマンといい、三浦さんのタイトルといい、
学びになるな~と思った次第でございます。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

以下のリンクからご登録をお願いします!

茂呂史生起業家メルマガ