%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

それでは今日も、笑顔を取り戻すお話をしていきましょう。

 

BEC2期からの方以外で、クレームクリックいただいたい方には
直接メールをお送りさせていただきました!

 

ご確認ください。なかなかないご提案になると思いますので。
あれ?きてないぞ?って方はこのメールに返信してください。

 

さてさて、BECセールス期間中にも笑顔になる活動はしているわけでして
本日は福祉企業の賞与の日だったりします。

 

来年度に向けていろいろ動いているので、しっかり賞与を払えるのは
従業員の満足度のためにも継続できるようにしていかないとなと
思っていたりします。

 

もらったときの喜びを考えて、弊社では現金手渡しなんですよ~


まぁ、帰り道危険だから振り込んで欲しいっていう声もありますが(笑)

僕も持って行くのに数百万持ち歩くことになるのであぶないっちゃ
危ないんですけどね。


そして、現在開発中の商品の別パッケージも開発が始まりました。

さらに、全く別の商品開発も始まりました。
ちょっとまだ公表は出来ませんが面白い展開をしていきそうです。


なんていうご報告をしてもあれなので、、、


僕のような弱小ヒヨッコが10年間どうやって

右肩上がりでこれたのかな~っていうのを、BECのセールスしながら
考えていたりしたんですよ。


いや、なんでって僕みたいな特に取り柄もないような人間が

ぼちぼち経営してこれているわけですから、誰がやっても
ここまではこれると思うのですよ。


やればね。


でも、ただやるだけではなくて、完全に同じように歩めるには

僕がどうやってきたかというのを体系化できないと
お伝えもできないのかなと思った次第です。


それをお伝えすることができればね


あなたにだって出来るはずなわけですから

それをお伝えしようと、ずっと考えていたわけです。


で、わかったのが


王道→邪道→抜け道


つまり、


象→エレファント→蟻


だったなーと思ったわけです。


なにこの分かりやすい例え。


もう、僕の中ではパーフェクトな例えです。

わかりやすすぎる。

はい。すいません。


つまり、どういうことかというと

例えば、あるノウハウを手に入れたとします。


教材でもコンサルでも構いません。

もちろん素直に王道から始めます。

最初はコツコツと真剣に教えられたノウハウ通りにやるわけです。
ちょうど今実践している無在庫輸入の話にしますか。


ノウハウ通りにやっているので、初めて1週間足らずで

15商品が売れています。


ので、すでに教材代金は回収しました。


これ、コツコツと本当にノウハウ通りに進めているだけです。

で、時期も時期なので売れている感じですね。


すでに1日平均3、4個発注が入る感じですね。

今日だけで6個注文が入っている感じ。


でも、このままいってもどこかで壁に当たるんですよ。

必ずね。


それはなんでかというと、規模で攻めている人に勝てなくなるから

限界は必ず来るんですよ。


とするとね、こちらはちょっと邪道に走るわけです。

ノウハウ通りなんだけど、検証を重ねるフェーズですね。


で、ちょっと自分なりを入れていくんです。

王道からの邪道って感じです。


勘違いしないで欲しいのは、いきなりこれをやる人は

絶対に成功しません。絶対にです。


素直に実践できない人がいきなり自分流とかちゃんちゃらおかしいですからね。


ちゃんと習うことができる人が、アレンジするから加速するのです。


で、しっかりと邪道を走ることができたら

王道にそって邪道していくわけです。


無在庫輸入でいうと、普通に王道で売れてきているわけですから

これ、アカウント増やしたら倍になるんじゃね?と考えるわけです。


今日、実践メルマガでも同様の内容を送りましたがまさにそれです。


一つのアカウントで6個売れているなら

二つのアカウントなら12個売れるはずだと考える。


では、二つのアカウントを運用するにはどうしたら良いのか?

教材には・・・・・と書いてあるな。
よし、・・・・という方法でやってみよう。


とね。


で、僕のところはアカウントを二つに増やしました。

しかも絶対に紐付かない安全な方法です。


この絶対に紐付かない安全な方法でってのが王道からの邪道ですね


王道をしっかりやているから出来る邪道ということです。


ちなみに、これ安全な方法で無限にアカウント増やせると思っているので

検証が終わったらさらに増やしていこうと思っています。


からの蟻です。


つまり抜け道探しです。


言い換えると


「あきらめの美学」


実は僕はすべてのことをあきらめることを前提で行っています。


どういうことかというと、無在庫輸入でこのままアカウントを増やして

まぁ、収益化できているうちは良いのですが結局リスクはありますよね。


Amazonの規約変更って最恐の敵がいるわけでして。


なので、さらに無在庫でリサーチしていき

結局はオリジナル商品にたどり着いた弊社なわけですが


そうなってくると、無在庫もしかり、オリジナル商品もしかり


蟻になるしかないんですよ。


つまり戦わない戦略です。


僕はいろんな方を見てよく思うのですが、大手と真っ向勝負している人とか

いるわけですよね。


例えば、Amazonが販売している商品にあいのりで勝負みたいな。


僕は絶対にやりません。

どんなに売れている商品で、いかに安く仕入れられるとしても
Amazonが販売者にいる商品はあきらめます。


戦略が違うんですよ。


つまり、勝てない相手のいるところはあきらめるということです。


なんでそこで戦っちゃうかな~とか思うわけです。


言うなれば、今回のBECのセールスも結構意識していたところだったりします


つまりオリジナリティと敗者の戦略です。

最初から勝てないところでは戦わないということ。


大手資本と戦って勝てるわけないですからw


福祉企業でもそうなんです。

来年設立予定の就労新事業所なんてまさにそれ。


障がい者の仕事なんですが、一般企業と戦って勝てるはずがないんです。


だけど、立ち向かって行っている施設があまりにも多いんです。


だから、勝てるわけもなく売り上げもそれなり、障がい者の給料安い。

当たり前だって話なんです。


挙げ句の果て、まぁこれくらいだろうと自己満足に陥るわけです。

いやいや、そこで戦ったちゃダメなんですって。


王道として世間一般に受ける仕事をする。

邪道として一工夫検証する。
蟻になって自分たちが戦えるフェーズに落とし込む。


この最後の蟻になる作業をしないといけないんです。


もちろん、僕が創る施設はそうします。

今は王道からの邪道中。


蟻になるフェーズで施設を建設します。


なので、どう考えてのまわりにある就労支援事業所を

凌駕してしまうわけです。


だって、戦っている場所が日本とブラジルくらい違うんですから。


もし、何か事業を営んでいて苦戦されている方がいたら

そういった観点で見てみて欲しいと思います。


弊社も自社商品を販売していくわけですが

大手資本が展開するような方法はとりません。


ですし、ライバルにもしません。


だって、勝てませんからw


僕らが戦える場所で思う存分戦うのです。

相手が蟻なら勝算はありますからね。


象には挑まないわけです。


ここ、すごく重要だと思っています。


あきらめる美学ですね。


と、そんな話もしていけたらよいな~と思うわけです。

 

あ、もちろんBECに入られた方のチャットには
ガシガシ投稿していきますのでご安心ください。


今回、僕からBECに入られた方で本当に嬉しかったんですが

僕の思考を知りたいと言う方が非常に多かったことです。


ーーーー

こんにちは。Tです!!

2017年、全力で進化します!!

よろしくお願いします!!!!!!!!!!
ーーーー
茂呂さんみたいに本物の起業家になる!
ーーーー
笑顔を忘れず頑張ります。
半年間よろしくお願いします!
ーーーー

一部ですが、こんな嬉しいコメントをいただいています。


僕も今までそうでしたが、やっぱりこうやって思考を知りたい

って思う場合は、そばに行くのが一番いいですよね。


僕が三浦孝偉さんのそばに行ったのも

やっぱりそうやって思考を覗きたいっていう好奇心が強かったなと
今は思っていたりします。


ということで、明日は大越さんとのシークレットセミナーですので

これから資料作りをしようと思います。


ではでは。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

以下のリンクからご登録をお願いします!

茂呂史生起業家メルマガ










    本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

   ブログではお伝えできないノウハウや経営の実践記などの
コアな情報をメルマガにて発信しています。

   以下のリンクからご登録をお願いします!

  

茂呂史生起業家メルマガ