僕はまだまだ無知でして
これまた、北海道の副産物なのですが
何かわかりますか?

http://moro-fumio.com/l/m/LpFIwZAhAeCq8Z

 

 

いや~お店の人に聞いたらですね、頭なんだそうなんですよ。

これは解凍後なので、なんとなく面影があるっつーか
分かる人にはわかるんじゃないかなと思っているわけですが

 

 
はい、頭なんですよ。

あ・た・た・た・ま

しつこい?w

 

正解はこちら
→ http://moro-fumio.com/l/m/SyzDJ8CfuDs9pI

 
そうです。

フランス語で言うと

アシハポーンです。

 

 
僕の中での常識は、足でした。

昨日もおいしく頭焼きにして丸く丸めてやったわけですが
どう考えても常識では足でしょ?

頭のなんてみたことない。

 

 

でもですね~

お土産屋さんで物色しているときに店員さんが
北海道では足ではなくて頭なんですよ。

刺身でもおいしいですよ~

 

 

 

っていうわけです。

僕は人を信じやすいタイプなので、余裕で購入するわけですね。

で、昨日食したわけです。

 

 
はい、マジでうまいです。

食わず嫌いでした。

嫌いっていうか、あまり食べる機会ないですよね?
関東にいると。

 

ぱっかーんと頭真っ二つに切り裂いてですね
細かく切って食べたわけですが
まだ半分残っています。

 

我が家は家族三人、昨日は従業員が遅くまで残っていたので

おすそわけもしたんですが、それでも半分残っています。

 

いや~、おいしいのは聞いたけど量は聞かなかったわ~w

何人前かな?ってことを聞けばよかったんですが
凍ってるときはそれほど大きく見えなかったんですが
解凍して切っていると、すごいボリュームに変化していったのですよ。

 
でも、これって、知らなければ食べないかなと思うのです。

だって、ぬるぬるしているし、そもそも足も食べません。
知らなかったらね。

 
先日のカニもそうですけど、たぶん食べません。

 

だってですよ、お湯に入れると色が変わるんですよ?

どう考えても危険そうじゃないですか。

 
バナナとかもそうっすよね。

黄色ですよw

黄色い食べ物を食べるってかなり勇気が必要じゃないですか?

講演に黄色い食べ物が木からぶら下がってたら食べますか?

 

 

そもそも、現代慣れしてしまっている僕は、食べれても食べなそうですけど・・・

つまり、何が言いたいのかというと記事でも書いていますが
最初に食べた人すげーってことです。

 
スパークリングワインのドン〇リさんとか
納豆の誰でしたっけ?とか

 
パイナップルもすごいよね・・・・

とか言っていたらキリがないですが
でも、先人は偉大だと思います。

毒に侵されながらも攻略したフグとか・・・

うん、偉大です。

 

ビジネスの世界でも、やはり先人きって突き進んでいる人が
いるおかげで、僕らのような凡人ないし凡人以下の人たちも
そのレールにならってビジネスすることが出来るってもんです。

やはりね、成功している人の話を聞かないとダメですよ。

自分の周りの5人の年収があなたの年収になる。
ってな話を聞いたことがありますでしょうか?

 
結局それは、なにかとびっきりな情報が飛び交っている
ということも一理ありますが、それのほとんどは

周り5人の基準値が自分の基準値になるということなんだと思うのです。

自分の周りが、毎日上司の愚痴を言っている飲み仲間だったら
当然あなたもその一因になるでしょうから、生産性のない愚痴で
時間を食いつぶすことになるわけです。

 

逆に、目標に向かって目指している人たちが集まっていれば
例外なく、あなたも目標に向かっていく人になるわけです。

そんなの、小学校の教科書に載ってるじゃないですか~?

え?載ってないですか?

載ってなかったとしても、小学生で組織くらい形成した経験ありますでしょ。

 

そのときに、ゲームボーイを持っている集団であれば
親に強請りますし、そうでない場合は、読書にいそしむかもしれません。

っていうことは、環境ってやっぱり大事だってことが
お分かりいただけたと思います。

 
少しでも、今の環境を変えたいと思っているならば
自分よりもすごい人を是非探してください。

探すのが大変であれば、コミュニティに入ったりしてみてください。

 

自分も高額の料金を払えば、やる気Maxになりますでしょ?

そうすると、そういう人たちが集まった場は必然的に
やる気Maxコミュニティになりますでしょ。

つまり、もう、答えはこれなわけです。

環境に飛び込める人は、背中蹴飛ばされてでも
環境を意識してみてくださいね。

環境が変われば人生が変わりますから。




茂呂史生メールマガジン