FX取引における経済指標活用の戦略とは?

Uncategorized

経済指標発表直後を狙った手法は、「指標トレード」と通称されます。指標トレードは、スキャルピングとして広く知られる人気の高い手法の一つです。この記事では、指標トレードの手法と留意すべきポイントについて詳しく解説いたします。

経済的指標は必ずチェックする

指標トレードを行う際には、注意点をしっかりと理解し、独自のルールを設定することが最初のステップです。経済指標の予想値は、経済カレンダーで必ず確認しましょう。(たまに米国の雇用統計を忘れてしまう人もいるので、スマホでアラーム設定など、おすすめです)

予想値の確認は、指標トレードの基本中の基本です。各FX会社のPC取引ツールやスマホアプリを活用して、情報を収集することができます。特にスマホアプリのプッシュ通知機能は便利で、これを利用すれば経済指標発表を見逃すことなく取引が可能です。(海外のFX会社ではあまり聞きませんが、国内口座で開設すると、スマホアプリでアラート設定ができます。忘れやすい人や、日々が忙しい方にはおすすめです)

サラリーマンがマンション経営で年収2000万円!

エントリーのタイミングで、損切りも設定する

指標トレードでの主な失敗例は、予測に反して大きな動きが発生したケースです。とくに注目度の高い指標では相場が大きく動きます。

損切り注文を設定していなかったことが、大きな損失を招く要因となることがあります。特に注目される状況で急激な変動が起きると、注文が通らずにスリップ現象が発生することがあります。

スリップ現象とは、設定したレートよりも不利なレートで取引が成立することを指します。(Twitterなどでよく見られる「すべった」です。)



リスクを制御するために、利益目標と損切り幅を自身の許容範囲で設定しましょう。市場指値注文や高速注文はスリップのリスクが高いため、逆指値注文を組み込んだ複合注文を利用することでスリップ現象を抑制できます。

もし指標トレードをするのであれば、FXの会社でスリップ幅が違うのでよく調べてみることです。

複数の指標が同時に発表される場合は、意図的に取引を避ける

同じ時間に複数の指標が発表される場合、取引を避けることをおすすめします。これは、値動きが読みにくくなる可能性があるためです。例えば、ポジティブな結果が出た後に、他の指標がネガティブな結果を示した場合、指標の影響力や結果との違いによって、市場の動向を予測することが難しくなります。(乱高下します。この時に上昇したから買いエントリー、そのあとすぐにネガティブな指標発表で価格が下がってしまう時があります。)そのため、経済指標が単独で発表されるときに取引することが安定した選択です。

指標トレードは早めの撤退

経済指標の発表後、価格は瞬時に大きく変動します。その後のトレンドに乗って利益を狙う際には、確かな予測が必要です。ただし、自信のある場合に限ってそのままポジションを保有しましょう。狙った利益を得た後でも、別の指標によって逆方向に動き、損失になることも考えられます。

通常、15分ごとに指標の発表があるため、次の発表前にポジションを決済することで、後続の指標の影響を受けるリスクを軽減できます。そのため、エントリーから約10分後に決済するのが一つの目安です。指標トレードは短期的な取引として捉え、明確なルールを設けて決済することが重要です。

まとめ

  • 指標カレンダーは、毎週、毎日、チェックして備えること
  • エントリーするなら、必ず損切りラインを決める、ストップロスを設定する
  • 指標が複数発表される日は、指標トレードは避ける
  • 早めの撤退を心掛ける



タイトルとURLをコピーしました