なんだか、ネット業界ではテレビはなくなるとか
そういうような話をする人も多くいます。

 

でも、テレビは絶対になくなりません。

 

 
需要があるからとかそういう話ではなく
日本の仕組みというか、メディアという観点で
テレビが無くなるようにはなっていないからです。

 

もちろん、ネットの普及により視聴率は下がり気味かもしれませんが
でも、それはネットの普及ということを理由にテレビ局が
怠慢なだけとしか僕は捉えていません。

 

 

現に、今でも高視聴率の番組は存在するわけですし
ネットの普及の影響だとしたら、全てがそのようにならないとおかしいわけです。

 

 

ただし、ネットの普及というのが予想外に侵食してきている
というのも事実だとは思います。

 
YouTubeが良い例だと思いますが、僕もテレビよりはYouTube派ですし
なかなか決まった時間に視聴できないのでDVDで借りることも多いです。

 

 

録画しておいて後ほど観るということもありますが、
そういう場合もネットで検索していることのほうが多かったりします。

 

でも、そういうことを考えると複合メディアを極めたほうが良い
ということになると思うのですが、まだまだテレビはテレビ
ネットはネットということのようです。

 

しかしですよ、テレビと言ってもインターネットでも
ライブ配信の比重がかなり増えてきていると感じています。

 

AbemaTVの伸び率を見てもらえばわかると思いますが
視聴率がかなり良い感じですし、CS放送と同等のチャンネル数です。

 
亀田興毅出演でアクセス過多でサーバーダウンなんていうことも。

 

ネットTVの良いところと言いますか、AbemaTVにしろ
YouTubeにしろ、視聴者が求めいてるのは

地上波では出来ない企画じゃないでしょうか。

 
僕は男なので求めるって言ったらやっぱりポロリです。(いきなりすぎ?w)
昔はアイドルが出る水泳大会での醍醐味、騎馬戦が必ずあったじゃないですか。

これが、最近はアイドルの水泳大会すらない。

 
それをもしもネットでやっていたら?
そりゃ観ますよ。

 

それが今の地上波とネットとの違いではないかと思います。

 

メントスコーラなんて地上波でやったら大変なことになりますもんね。

 

では、発信という意味で見たらどうでしょうか?

 

 

僕らのような凡人が信念をもって情報発信をしたいと
考えた場合に、どのメディアを選択していけばよいのでしょうか?

 
ジャパネットタカタの社長高田さんのように
テレビ出演しながら起業家支援をすればよいでしょうか?

 

 

いえいえ、そんなことはなかなか出来ません。

 

 

では、AbemaTVのようなネットTVに出れるように努力しましょうか?

いえいえ、そんなことはなかなか出来ません。

 

 

「個人メディア」と考えると、そういったメディアを選択することは出来ません。
出来ませんというか、適切ではありません。
テレビ出演は正直に言うと、お金をかければ出来ます。

出演枠を購入することが出来るので。
でもですよ、そこで出たところで何か意味がありますか?

 

ないんです。

何故でしょうか?
一言で言えばファンではないからです。
ファンでも何もなければ聞く耳なんか持ちません。

 

高田社長がテレビ出演をしながら啓蒙活動をしているのは
高田社長が既に認知されているからということが大前提です。
亀田興毅がAbemaTVに出演しサーバーがダウンするのは
すでに亀田興毅が認知されているからであって、ファンが多くいるからです。
僕ら凡人がいきなりTVに出たところで

よくて「へぇ~」くらいなもんでしょう(笑)

 

「俺、年収数千万円あるんだぜ!話聞けよオラ!」

「へぇ~そういう人もいるんだwww」

くらいなもんでしょう。

 

では、なぜ高田社長や亀田興毅がそれほど認知されていたんでしょうか?
と言いますか、僕たちがそこまで行くことが出来る唯一の手段は
本当に存在するのでしょうか?

 

 
それは、地下アイドルに例えるとわかり易いかもしれません。
地道なリアルの活動とSNSの利用ってことになると思います。

AKB48はライブ活動を主体に活動をしていて、握手会を積極的に開催した。
アイドルに会える、触れ合えるということで、爆発的な人気になった。

 

 

しかも、それだけでなくそれぞれメンバーがSNSやブログで
活動を報告すること、私生活を晒すことによって
より親近感を増し、ファン化を進めることになった。

 
僕たちビジネスマンにとっては、この親近感がファン化につながるということが
最も重要になってくると考えています。

 
つまり、それが情報発信ということになると思うのです。

 

 

何か世の中に思うことがある。自分の信念を人に伝えたい。
そういった想いがあるからこそ、自分が裸になり
同じような考えや悩みを抱えている人に届けることが出来る。

 

僕の場合で言ったら、11年間株式会社を経営してきたということを
誇りに思うとともに、死にそうなほどつらい思いもしたし
今だったら絶対そんな思いしなくて済んだのにということもたくさんある。

 

だから、これから起業したいもしくは、ビジネスに取り組みたいという人に
少しでも僕の経験が役に立つとしたら、メッセージを届けたいという想いからの
情報発信ということになります。

 
そして、この情報発信で今最も重要なのはSNSです。

 
僕たちのような凡人で影響力のない人間が
情報発信をするにあたって最も適しているのもSNSです。

 

 

今はこうしてメルマガをお送りさせてもらっていますが
それもこれも、SNSあっての僕だと思っています。

 

SNS、特にFacebookだと思っています。
僕の読者様の多くはFacebookでも繋がらせてもらっていますし
Facebook経由で登録いただいた方も多くいます。

 

なので、SNSは情報発信においては外すことは出来ないと思っています。

 

と、言うことで

是非、まだ僕とFacebookでお友達になっておられない方が
いらっしゃるようでしたら、申請していただけたら嬉しいです。

 

申請はこちら




茂呂史生メールマガジン